四旬節第5木曜日 (ヨハ8,51-59)

「ユダヤ人たちは言った。『あなたが悪霊に取りつかれていることが、今はっきりした。アブラハムは死んだし、預言者たちも死んだ。ところが、あなたは、「わたしの言葉を守るなら、その人は決して死を味わうことがない」と言う。わたしたちの父アブラハムよりも、あなたは偉大なのか。彼は死んだではないか。預言者たちも死んだ。いったい、あなたは自分を何者だと思っているのか。』」ヨハ8,52-53

イエス・キリストは、偉大な人物であっただけではなく、また、偉大な預言者でもあっただけではなく、ご自分自身が宣言された通りに、神の御ひとり子で、人間になられた神ご自身でもあったと認めるときだけ、イエスが語った言葉、特にイエスを信じる人が「死んでも生きる」という言葉は、その人に大きな希望をもたらし、イエスと同じように愛に生きる力の源になるのです。

ますます多くの人々が、ご自分において神性と人間性を繋げておられるイエスを信じ、イエスの言葉にとどまることによってイエスと一つになることができますように。そして、イエスによって父である神と一つになって、三位一体の神の愛と命にあずかって永遠に生きることができますように祈りましょう。

 

いつくしみ深い神よ、
わたしたちの祈りに耳を傾け、
あなたに希望を置く者を守ってください。
罪から清められ、恵みのうちに歩み、
約束された国に入ることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。