四旬節第5土曜日 (ヨハ11,45-56)

「そこで、祭司長たちとファリサイ派の人々は最高法院を召集して言った。『この男は多くのしるしを行っているが、どうすればよいか。このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう。』」ヨハ11,47

もし、イエス・キリストが、ご自分に対して敵意を持っていた人々と同じように、ご自分の命を最優先にしていたならば、イエスの命を狙う人がどれほど大きな権力を持っていても、その狙いを適えることはできませんでした。イエスを殺害する計画を立てた人たちがその計画を実現することができたのは、イエス・キリストがご自分自身を彼らの手に引き渡したから、また、すべての人を罪の束縛から解放するためにご自分の命を全く自由に奉献してくださったからです。

明日から始まる聖週間の典礼に参加し、この地上でのイエスの最後の数日間を記念し、それを想起することによって、イエスの愛の偉大さを一層強く実感し、信仰、信頼と愛の絆によってイエスと一層固く結ばれ、どんな状況においてもイエスに忠実に従うことによってイエスの愛に応え、それを他の多くの人々に現すことができますように祈りましょう。

救いの源である神よ、
聖週間を迎える今、あなたの民に豊かな恵みを注いでください。
洗礼の恵みを受けたわたしたちが、
洗礼志願者とともに、選ばれた民として主の過越に近づき、
その喜びにあずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。