四旬節第3主日C (ルカ13,1-9)

 「言っておくが、あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる。」ルカ13,3

正しく生きる人であっても、正しくない生き方をしている人であっても、おそらく、世の終わりまで他人の悪い行いやいろいろな事故によって、様々な害を受けることがあるでしょう。つまり、私たちは、いくら気をつけても、どんなことをしても、そのような苦しみを完全に避けることができないということです。

けれども、そのような苦しみを避けることができなくても、私たちは出逢う悪や苦しみによって滅ぼされること、また、命と最高の幸福の源である神から切り捨てられるというような、究極的な苦しみと同時に絶対的な悪を避けることができます。そのために必要なのは、悔い改めなのです。

悔い改めるということは、メタノイアをすること、つまり自分の考え方や価値観を正すということなのです。正しい価値観を持つということは、悪を悪として、すなわち自分に害を与えるものを害を与えるものとして認め、善を善として、すなわち自分を生かすものを自分を生かすものとして認めることなのです。

それは、簡単なことに見えるかもしれませんが、実際には難しいことなのです。なぜなら、私たちは互いに矛盾している情報を与えられていますし、多くの場合は善や幸福を楽しみや快楽と間違えて、物事の表面的な魅力や偽りの価値によって騙されるため、なかなか正しい判断ができないからです。

私たちは、善を悪から見分け、自分を生かすものを、自分に害を与えるものや自分を死なせるものから見分けるようになり、正しく考え、正しい判断したいならば、私たちを創造してくださったがゆえに、誰よりも私たちのことを知っておられる方、しかも、私たちを愛してくださり、私たちのために善のみを求めておられる方の言葉に耳を傾け、この言葉に従う必要があるのです。

信じる者の力である神よ、
あなたは、祈り、節制、愛の業によって、
わたしたちが罪に打ち勝つことをお望みになります。
弱さのために倒れて力を落とすわたしたちを、
いつもあわれみをもって助け起こしてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。