四旬節第2火曜日 (マタ23,1-12)

「あなたがたのうちでいちばん偉い人は、仕える者になりなさい。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」マタ23,11

神が人間が期待している通りに働いてくれないとか、人間が期待しているような賜物や報いを与えてくれないならば、この人はがっかりします。神に対してがっかりしている人は、自分の働きによって得られるような利益を得られるように、そしてそれで満足するように誘惑されています。律法学者やファリサイ派の人たちのように、この誘惑に陥る人間は、表面的に信仰を持ち続けても、神のもとに留まるつもりであっても、実際には神から離れていくし、滅びへの道を歩んでいるのです。

私たちは、思い通りにならないときにも、イエスを信頼し続け、イエスが与えてくださった約束がもたらす希望に強められて、イエスの導きに従うことによって救いへの道を歩み続けることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
あなたの教会を、いつもいつくしみをもってお守りください。
あなたから離れては立つことのできないわたしたちを恵みによって支え、
滅びの道から遠ざけ、救いに導いてくださいますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。