灰の式後の土曜日 (ルカ5,27-32)

「イエスは出て行って、レビという徴税人が収税所に座っているのを見て、『わたしに従いなさい』と言われた。彼は何もかも捨てて立ち上がり、イエスに従った。」ルカ5,27-28

イエスがご自分に従うように誰かに呼びかけるのは、この人が正しい人であるからとか、優れた人であるから、または、完全な人であるからではありません。イエスが人に呼びかける唯一の理由とは、イエスがこの人を愛しておられるということだけなのです。

私たちをご自分のもとに呼び寄せてくださったイエスに感謝しながら、私たちはレビのように愛をもってイエスの愛に応えることができますように。そして、イエスに従うことによって成長し、イエスのように神の心に適う人間になって、キリストの愛を他の人に伝えることができますように祈りましょう。

全能、永遠の神よ、
わたしたちの弱さを顧み、
あなたの力強い右の手を伸ばして
わたしたちをお守りください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。