6月29日 聖ペトロ 聖パウロ使徒 (マタ16,13-19)

「シモン・ペトロが、『あなたはメシア、生ける神の子です』と答えた。すると、イエスはお答えになった。『シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。』」マタ16,16-18

今日、私たちは全世界に広まっている教会と共に、教会の礎となった聖ペトロと聖パウロの祭日を祝う中で、聖ペトロは、自分の期待や感情に振り回されたり、自分を守るためにイエスとの関係を否定したりした人で、一方、聖パウロは、初代教会を迫害することによって、イエス自身を迫害した人であったということを思い起こせば、キリストの愛の偉大さと、人の心を変えるキリストの愛の力強さを、実感できるのではないかと思います。

キリストの愛を頼りにして、私たちは聖ペトロと聖パウロのように、力を尽くしてイエスに従うことによって、いろいろな束縛から解放されて、キリストの愛に満たされ、与えられた使命を果たすことができますように祈りましょう。

すべてを治められる神よ、
使徒ペトロとパウロの殉教をたたえて祈ります。
教会が、信仰の礎となった使徒の教えを受け継ぎ、
その真理を世界にあかしすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

6月24日 洗礼者聖ヨハネの誕生 (ルカ1,57-66,80)

「父親は字を書く板を出させて、『この子の名はヨハネ』と書いたので、人々は皆驚いた。すると、たちまちザカリアは口が開き、舌がほどけ、神を賛美し始めた。」ルカ1,63-64

洗礼者ヨハネの父、ザカリアは、息子の誕生のお告げを受けたとき、天使が言ったことを信じなかったがゆえに、何も話せなくなりましたが、天使に言われた通りに、生まれた息子にヨハネという名前を付けることによって、信仰と従順を表した結果、再び話せるようになり、偉大なわざをなさる神を賛美するようになったのです。

私たちは、自分の人生において神の力と神の働きの素晴らしさを体験することによって、父である神をますます強く信頼し、愛するようになり、自分の言葉と行いによって神を賛美し、洗礼者ヨハネのように、神の御ひとり子イエス・キリストを多くの人に紹介することができますように祈りましょう。

すべての人の救いを望まれる神よ、
あなたは洗礼者ヨハネを遣わし、
人々に救い主キリストを迎える準備をさせてくださいました。
あなたの民を信仰の喜びで満たし、
救いと平和の道に導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

イエスのみ心の祭日A年 (マタ11,25-30)

「そのとき、イエスはこう言われた。『天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。』」マタ11,25-26

イエスのみ心の祭日を祝う私たちは、私たちと同じように有限の存在であったイエス・キリストが、人間の心で愛することによって、無限の存在である神の愛を現してくださったことを思い起こし、感謝します。

私たちは、イエス・キリストをますます深く知ることによって、父である神の愛を知ることができますように。そしてこの愛をますます豊かに受け入れ、イエスと同じように神の愛に生きることによって、この愛をまだ知らない人に示すことができますように祈りましょう。

聖なる父よ、あなたは、
人類の罪のために刺し貫かれた御子のみ心のうちに、
限りないいつくしみの泉を開いてくださいました。
わたしたちが、
心からの奉献によってキリストの愛にこたえることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

5月31日 聖母の訪問 (ルカ1,39-56)

「マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、その胎内の子がおどった。エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言った。『あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。』」ルカ1,41-43

マリアは挨拶をするだけで、エリサベトが聖霊に満たされたところを見ると、マリアが神の子を受け入れたことによって、マリアの生き方は表面的には変わらなくても、その行いの結果が変わったということが分かります。すなわち、神の命をいただいたマリアは、何も特別なことをしなくても、この命を他の人に伝えることができるようになったということなのです。

永遠の父よ、
あなたのひとり子を宿したおとめマリアは
聖霊に導かれてエリザベトを訪れました。
わたしたちも聖霊のすすめに従い、
聖母とともに、いつも賛美の歌を歌うことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

5月3日 聖フィリポ 聖ヤコブ使徒 (ヨハ14,6-14)

「イエスは言われた。『わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。』」ヨハ14,6-7

聖書の世界の中で、誰かを「知る」とは、ただ誰かについて知識を持つということだけではなく、この人と関係を持つこと、この人に繋がることでもあるのです。私たちがキリストを知ることによって父である神を知るというのは、キリストと繋がることによって、父である神と繋がることなのです。

すべての人々が信仰と愛によってイエスと結ばれて、父である神と和解し、愛の交わりのうちに永遠に生きることができますように祈りましょう。

全能の神よ、あなたは年ごとに、
使徒フィリポとヤコブを記念する喜びをお与えになります。
使徒の取り次ぎを求めるわたしたちが、
キリストの死と復活にあずかり、
永遠の喜びのうちにあなたを仰ぎ見ることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

4月25日 聖マルコ福音記者 (マコ6,15-20)

「弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることを、それに伴うしるしによってはっきりとお示しになった。」マコ16,20

聖マルコは、イエス・キリストを信じたがゆえに差別や迫害されたり、あるいは財産だけではなく命まで奪われたりした仲間のキリスト者を励まし、力付けるために書き記した福音書の中で、小さい悪をとおしても、イエス・キリストの受難と十字架上の死のような最大の悪をとおしても、働くことができる神の力、また、あらゆる苦しみとあらゆる悪から善を引出すこともできる神の力を示して、この力と愛のためにこそ、神は悪魔や人間から反対されればされるほど、ご自分の救いの計画をますます素晴らしく実現することができることを教えてくださいました。

私たちは、聖マルコの証しと教えを受け入れること、何よりも聖マルコが描いている力強い神の働きを、自分の人生の中で見出すことができますように。そして、神ご自身の愛と力を信頼して、どんな状況においてもイエス・キリストに忠実に従い、与えられた使命を果たすことができますように祈りましょう。

すべての人の救いを望まれる神よ、
あなたは福音宣教のために聖マルコを選び
救いの訪れを書き記す恵みをお与えになりました。
聖人の祝日を祝う私たちが、
福音の光に照らされて、
キリストに忠実に従うことができますように
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。