年間第6主日A年 (マタ5,17-37)

「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。」マタ5,17

神は最初から、つまり人間を創造したそのときから、人間のために何を求めておられるかということをはっきりと知っておられました。それはご自分自身が完全であられるように、人間が完全な者となること(マタ5,48)、神がいつくしみ深い方であるように、いつくしみ深い者になること(ルカ6,36)でした。 そして、ご自分の望みに従って、最初から、人間をその目的に向かって導いておられたのです。

けれども人間は、神の導きに従って生きることによって段々と成長し、自分の完成に近づく代わりに、神に逆らって自分勝手な生き方をすることによって堕落し、神が求めた姿と正反対の姿になってしまったのです。幸いにも神は、人間に関するご自分の望みをあきらめず、この堕落状態を出発点にして、人間の現状とその力に合わせて導きを与え、人間を育成し続けておられたのです。聖書において、この育成の歴史が見受けられます。

自分の仲間の一人が殺されたら、殺人に関わった人の仲間の何人かを殺す人に、「目には目を、 歯には歯を」という掟を与えることによって、神はこの人の正義感を少し高めました。それから神は、殺すこと自体や人の体を傷つけることを禁じて、不正な行いによって人に損害をもたらさないようにと、それから悪口などによって人の名誉や感情を傷つけないようにと教えてくださいました。人間が成長したら、自分がしてほしくないことを他人にしないだけではなく、もっと積極的に、してほしいと思うことを、自ら人のためにするように導いてくださいました。次の段階としては、隣人を愛すること、自分を迫害する人を祝福すること、最終的に敵さえも愛することを、神は教えてくださったのです。

神が私たちに求める生き方は、どんな状況においても可能であるということを、イエス・キリストが示してくださいました。私たちは、自分の弱さや限界を認めながらも、創造主である神ご自身の力を頼りにして、イエスと共に歩むことによって、父である神が私たちに求めておられる生き方を身に付けることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは、正義を求める人、
誠実な人とともにおられます。
わたしたちが、恵みに支えられて
豊かな実りをもたらすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

年間第5主日・A年 (マタ5,13-16)

「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」マタ5,16

イエスは全力を尽くして、苦しんでいる人を助けていましたが、そのような行いによって、この人々の目に見える問題を解決しようとしたのではありません。イエスが何よりも求めたのは、ご自分の行いを見た人々が「天の父をあがめるようになる」ことでした。けれどもそれは、イエスが人の不幸を利用して、ご自分の宗教的な目標を達成しようとしたわけではありません。

イエスが、飢えているすべての人を食べさせても、全世界のすべての病人を癒しても、満腹した人は、再び空腹になりましたし、癒された人はまた病気になって、やがて死んだに違いありません。もし、イエスがそのような働きによって人間の問題を解決しようとしたならば、その活動は大失敗で終わっただけではなく、最初から失敗で終わるに決まっていたと言えると思います。

考えて見れば、病人を癒すために、その病気の症状をなくすのではなく、病気の原因をなくす必要があります。人間の病気や死、飢え渇きや他のすべての苦しみは、人間の不幸の原因や、人間の最も大きな問題というよりも、ただの症状なのです。人間のあらゆる苦しみの最終的な原因というのは、愛と命の源であり人間の幸福の唯一の源である神を、知らないことなのです。神を知らない人は、神を恐れたり神を無視したりして、神との正しくない関係に生きています。この人は自分の力だけに頼って、自分を守ろうとしたり幸福を手に入れようとしたりして、そんなつもりがなくても、他人と自分を傷つけ、ますます神から離れ、永遠に続く孤独と死に向かって生きているのです。

人間のすべての苦しみの真の解決の方法、しかも、決定的な解決の方法は、父である神に立ち戻り、神との正しい関係に生きることであるということを、イエスは知っておられましたので、ご自分の行いによって、何よりも神の真の「姿」を現そうとして、すべての人々を神のもとに引き寄せようとしていたわけです。

信じる者の力である神よ、
尽きることのないいつくしみのうちに
わたしたちを守ってください。
あなたの恵みを唯一の希望とするこの家族が、
いつもあなたの力によって強められますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

年間第33主日C年 (ルカ21,5-19)

「しかし、これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。それはあなたがたにとって証しをする機会となる。」ルカ21,12-13

世の終わりがいつ来るのかということは誰にも分かりませんが、私たちが体験している争い、暴動、戦争、天災などのような苦しみが、世の終わりまで続くということは確かです。ですから、世界の終りがいつ来るのかということよりも、いろいろな苦しみと悪に満たされたこの世界においてどのように生きればいいか、それに関してどんな態度をとればいいかという問題が、現実的で重要です。

ある人は、全力を尽くして、世界にある悪と戦います。残念ながら、多くの場合この戦いは間違った考え方(イデオロギー)に基づいて、それにおいて不正な方法が用いられている結果、多くの犠牲者が生み出されます。それと対照的に、他の人は絶望に陥って、何もしないか、この世に生きること自体を諦めてしまいます。問題が見えないように幻想に逃避する人とか、安心感を得るように迷信を選ぶ人もいれば、苦しみを避け、なるべく快楽を増やすように努める人もいます。けれども、それと全く異なる態度、全く異なる生き方もあります。それはイエス・キリストが私たちに教え、ご自分の人生によって示してくださった生き方なのです。

この世にある悪を滅ぼす力、私たちをあらゆる苦しみから解放する力を持つのは、この世界の創造主である神のみだという確信を持ったイエスは、この神の望みに従って生きること、神の救いの計画に協力することが一番賢明で、悪の問題に関して一番効果的な生き方であると私たちに教えてくださいました。

愛である神の望みに従って、悪との戦いにおいてイエスが用いた唯一の方法というのは、あらゆる人、それは正しい人であっても、悪を行って他人やイエスご自身に苦しみをもたらす人であっても、すべての人を愛することでした。

私たちは、イエスに倣って、どんな状況においても、どんな人のためにも善を尽くすことによって、悪からですら善を引き出すことのできる神の愛を証しすることができますように祈りましょう。

すべてを治められる父よ、
み旨に従って生きる人に、
あなたは神の国の喜びを備えてくださいます。
あなたからいただくすべてのものが、
救いのみわざの完成に役立つものとなりますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第32主日C年 (ルカ20,27-38)

「イエスは言われた。『神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きているからである。』」ルカ20,38

知恵の書に書いてある通り、「神は人間を不滅な者として創造し、ご自分の本性の似姿として造られた。悪魔のねたみによって死がこの世に入り」(知2,23-24)ました。命の源である神から離れた人間は死ぬようになりましたが、幸いに神はご自分の最初の望みを変えることなく、キリストの愛の奉献によって、罪の結果である死に打ち勝ち、キリストの復活にあずかることによって、人間に再び永遠の命の可能性を与えてくださったのです。

キリストが与えてくださった復活の約束は、私たちに大きな希望を与えています。この希望を抱く人は、この地上で人間らしく生き、豊かな人生を送ることができます。というのは、聖パウロが語るように、「もし、死者が復活しないとしたら、『食べたり飲んだりしようではないか。どうせ明日は死ぬ身ではないか』ということになります」(1コリ15,32)と言っても、おかしくないからです。すなわち、復活の希望を持たない人たちにとって、この世の命がすべてになっていますので、この命を楽しむことが何よりも大事なことになっても不思議ではないからです。しかし、このように生きている人は、他の人を愛することができない(この人たちが言っている「愛」というのは、自分の楽しみのために他人を利用するにすぎないことです)ので、人間らしく生きることや、本当に豊かな人生を送ることができないのです。

キリストの約束に基づいて復活の希望を抱く人にとって、一番大切なのは、自分の楽しみではなく、キリストに忠実に生きることです。そのためにこの人は、いろいろな苦しみを受け入れることができますし、自分の利益のために他人を利用するのではなく、他の人の善を求めて、必要に応じていろいろな犠牲を払いながらも、他の人を支え、他の人に奉仕することができます。すなわち、この人は、イエスと同じように、愛に生きることができますので、人間らしく生き、豊かな人生を送るようになるわけです。

全能の神よ、
あなたの支配に逆らう悪の力を滅ぼしてください。
罪から解放されたわたしたちがあなたの国を待ち望み、
正義を行う者となることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第31主日C年 (ルカ19,1-10)

「イエスは言われた。『今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。』」ルカ19,9-10

恐らく、非常に多くの人と同じように、ザアカイは人生においてお金と権力が一番重要なものであると思っていたでしょう。そのために、一生懸命に努力して、徴税人の頭にも金持ちにもなった、つまり求めていた権力とお金を手に入れることができました。けれども、期待したような満足や幸福を得ることができず、彼の心はますます飢え渇いていったのです。

ザアカイは、自分が心の中で何を求めているかということが分からなかったけれども、イエスについて話しを聞いたときに、心の中で何かが響いて、希望が生まれたため、「イエスがどんな人か」を見たいと望むようになりました。障害が現れてもザアカイは諦めず、この望みに従いました。そして結果的に、ザアカイが全く想像も期待もしなかったことが起こったのです。彼はイエスがどんな人かを見ることができただけでなく、イエスと出会い、イエスの無条件の愛を体験することによって、真に豊かな人生を始めることもできたのです。

心の中で求めたのは、無条件の愛であったと分かったザアカイは、今までの彼の人生の中心にあった権力やお金が彼に幸福を与える代わりに、彼から幸福を奪い取るもの、心を満たす代わりに、心を空っぽにするものであるという事実に気が付きました。そして、イエスから頂いた無条件の愛という最高の富は、それに執着したり、誰かにそれを奪われないように気を付けたりすることによってではなく、それを出会う人と分かち合うことによって増した上に、彼の心を少しずつ満たしていくものでもあるということが分かったのです。

人間の心を満たすのは、手に入れた富や権力、成功や楽しみではなく、自分が持っているものを他の人と分かち合うこと、自分の力や才能を他の人のために使うことによって愛を実践することであるという事実を、ザアカイの経験から学び、そのように生きることによって、本当に豊かな人生を送ることができますように祈りましょう。

すべてを一つに集めてくださる父よ、
信じる人々が、
あなたにふさわしい礼拝をささげることができるのは
あなたの恵みによるものです。
今ここに集まっているわたしたちが、
約束された国に向かって
ともに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第30主日C年 (ルカ18,9-14)

「言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」ルカ18,14

人の期待を満たしたら、この人が私たちに対して好意的になって、私たちがこの人から求めているものをもらう可能性が高くなるというような人間関係の現実に慣れている多くの人が、神もまた同じように働いておられるのだと思いがちです。けれども、ファリサイ派の人と徴税人についてのたとえによって、イエスが私たちにそのようなイメージと全く異なる働きをなさる神の姿を現してくださいます。というのは、もし、神が多くの人が考えているように働かれたならば、義とされたのは、徴税人ではなくファリサイ派の人でしたから。なぜなら、罪を犯していた徴税人ではなく、律法に従って生きようとしていたファリサイ派の人の方が、掟が表している神の望みを満たそうとしたからです。

このたとえによってイエスが私たちに教えてくださっているのは、神にとって大切なのは、人間の過去ではなく、人間の現在、つまり人間が今まで何をしてきたかとか、どのように生きていたかということではなく、今までの生き方によってどんな人になっているか、特に、どれほど神に関して心を開いているかということなのです。

神が示してくださった道を歩むことによって、神に近づくこと、神をますます強く信頼して、神に対して心をますます広く開けることは理想ですが、たとえのファリサイ派の人のように、正しい生活を送ることによって傲慢になり、心を閉ざす恐れがあります。逆に、いろいろな過ちを犯して、苦しい体験をすることによって、自分の弱さと神のいつくしみと助けの必要性を認識して、神に対して心を開く可能性があるのです。

罪を犯すことによって人は命の源である神から離れて、自分の滅びに向かって行きますので、絶対にこの道をお勧めすることはできませんが、キリストの教えに基づく生き方にも、傲慢になる危険性があるということを意識しながら、どんな道を歩んでも自分の功績ではなく、神のいつくしみ深い愛に頼ることができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
わたしたちの信仰、希望、愛を強めてください。
すべてに越えてあなたを愛し、
約束された永遠のいのちを受けることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第29主日C年 (ルカ18,1-8)

「イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。」ルカ18,1

主イエスが教えてくださった通り、父である神は私たちが願う前から、私たちに必要なものをご存じです(マタ 6,5-8)。そして、父は「悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる」(マタ5,45)、つまり、どんな人にも、言ってみれば、祈る人にも、祈らない人にも、必要なものを与えてくださいます。それなら、私たちはなぜ祈らなければならない、しかも「気を落とさずに絶えず祈らなければならない」(ルカ18,1)のでしょうか。

多くの場合、私たちが神に何かを願い求めても、使徒ヤコブとヨハネのように、「自分が何を願っているか、分かっていない」(マタ20,22)上に、「自分の楽しみのために使おうと、間違った動機で願い求めるから」(ヤコ4,2-3)、願い求めているものを与えられないのです。

イエスの祈り方を見ると、祈りとは、無から宇宙を造ることのできる全能の神でありながら、すべての人々を愛し、すべての人のために善のみを求めておられるアッバと、つまりいつくしみ深い父と対話することなのです。祈りの目的は、神から何かをいただくことよりも、神との完全な一致を目指して、神との交わりを深めることなのです。

私たちは、イエスのように父である神に信頼を寄せて、開かれた心を持ってこの対話に取り組むならば、自分自身に対する神の愛をますます強く自覚できるだけではなく、自分自身の心の叫び、自分自身の最も深い望み、つまり自分に本当に必要なものを知るようになります。さらに、自分の最も深い望みは、自分に関する神の望みと同じものであるということが分かれば、神との対話の中で、自分の恐れや欲望や願いをありのまま表した後に、「しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」(マコ14,36)というイエスの祈りの言葉を付け加えるようになり、神が与えてくださる賜物を受け、神の導きに従うことができます。結果的に、私たちの祈りがいつも適えられるようになりますし、私たちの神との交わりが深まるのです。

喜びの源である父よ、
あなたに感謝をささげるために、
わたしたちはここに集まっています。
キリストの復活を信じるわたしたちが、
日々の仕事を通して神の国のあかしとなることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第28主日C年 (ルカ17,11-19)

「その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。」ルカ17,15-16

感謝の念は、人間が他の人から何らかの形の助けを受けた際、例えば、何らかの奉仕をしてもらったとか、何らかの良いことを言ってもらったとか、必要としていた物をもらった際に浮かぶ感情なのです。しかし、この感情が起こるかどうかは、また、その感情の程度は、私たちがこの助けをどのように受け止めるかということに依るのです。

相手からいただいたものの実際の価値や、そのものに対する私たちの客観的な評価よりも、助けてくださった相手の動機や努力についての私たちの考えの方が、感謝の念が起こるかどうかに関して決定的なものです。たとえ、相手から頂いたものや助けは、大きな価値のあるものであると考えても、この人がこのようにしたのは、自分の義務だったからとか、他に選択がなかったからとか、それとも、自分のために何らかの利益を求めたからとかと考えたならば、感謝の念が浮かばないでしょう。けれども、頂いたものや助けの価値がそれほど大きくなくても、相手が全く自由に、何らかの隠した目的のためではなく、完全に無償で、無条件で私たちを助けてくださったという確信が強ければ強いほど、感謝の気持ちは大きくなるものです。私たちを助けることは、助けてくださった人にとって簡単なことではなく、相手により大きな努力や犠牲を求めたものであった、つまり、相手が私たちを助けるために、より大きな代価を支払わなければならなかったということが分かれば、感謝の気持ちがさらに強くなるのです。

考えてみれば、神は、いつも私たちのために最善の働きをされるし、最高の価値のある賜物を与えてくださいます。それをなさるのは、そうする義務があるからではなく、全く自由に、また、完全に無条件で、ただ私たちを愛しておられるがゆえに、私たちの善、私たちの幸福を求めておられるからです。私たちに対する神の愛には、どれほど大きな苦しみが伴っているか、つまり、神が私たちを助けるのに、どれほど大きな代価を支払っておられるかということが分かるためには、十字架に付けられた御子、イエス・キリストの姿を見るだけで十分なのです。

私たちは、神から与えられている助けの真の価値とその性質を見出し、神の愛の偉大さを意識することによって、大きな感謝と喜びに満たされて、神のもとに近づき、神との交わりを深めることができますように祈りましょう。

すべてを治められる神よ、
あなたは先にわたしたちを愛してくださいました。
この愛に支えられるわたしたちが、
いつも心から兄弟に仕えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

 

 

年間第27主日C年 (ルカ17,5-10)

「使徒たちが、『わたしどもの信仰を増してください』と言ったとき、主は言われた。『もしあなたがたにからし種一粒ほどの信仰があれば、この桑の木に、「抜け出して海に根を下ろせ」と言っても、言うことを聞くであろう。』」ルカ17,5-6

自分たちの信仰が小さすぎると思った使徒たちは、イエスにそれを増してくださるように頼みました。その依頼に応えてイエスが言われたのは、彼らの信仰の本当の問題というのは、その大きさではなく、その質、つまりそのあり方であるということでした。

その12人の使徒は、自分たちの家とか仕事とか、つまり今までの生き方を捨てて、イエスの呼びかけに応えて従ったほどに強い信仰を持っていました。けれども、彼らが信じたのは、メシアとしてイエスがいつか必ず王になるということと、イエスに従えば、その権力や富や名誉に自分たちもまたあずかることができるということでした。彼らにとって、イエスを信じてイエスに従うというのは、自分たちの野心や欲望を満たすための手段であったわけです。

正しい信仰のあり方を説明するために、イエスは謙遜な僕について、たとえを語りました。真の信仰を持っている弟子は、このたとえの僕が主人に仕えたように、キリストに仕えます。それは、キリストが私たちの奉仕を必要としているからとか、私たちを奴隷にしたいからとかではありません。キリストに仕えることによって、人は自分の能力や時間だけではなく、自分自身をキリストに奉献するのです。

実は、キリストにとって私たちは僕ではなく、友なのです(ヨハ15,15)。そして、イエスは私たちの奉仕を受けるだけではなく、自ら私たちに仕えてもくださるのです(ルカ12,37)。それは、ご自分の命を与えてくださったほど献身的な奉仕だったのです。

そのような相互の奉仕の目的というのは、より楽な生活を互いに送るような利益ではなく、永遠につづく相互の一致なのです。私たちはキリストの奉献を受け入れ、自分自身をキリストに完全にささげたら、イエスと一つになるのです。そしてイエスと一致することによって、父である神の命にあずかり、神の愛に生きるようになるのです。それこそが、真の信仰の最終的な目的であるのです。

全能永遠の神よ、
あなたの恵みは限りなく、
人の思いをはるかに越えて世界の上に注がれます。
わたしたちを罪の重荷から解放し、
まことの自由に導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第24主日C年 (ルカ15,1-32)

「徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、『この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている』と不平を言いだした。」ルカ15,1-2

イエス・キリストは、「放蕩息子のたとえ」を通して、次のことを教えておられます。罪とは、神からいただいた命、能力と他の恵みを、神の意向と神ご自身を無視して自分の考え方や欲望に従って用いることです。そのような罪の結果は、人間の堕落と不幸です。回心とは、自分の罪の結果を認めたうえで、神のもとに戻ることです。罪のゆるしとは、神との交わりに受け入れられることによって、神と和解することです。

「見失われた一匹の羊のたとえ」と「無くされた一枚の銀貨のたとえ」を通してイエスが教えてくださったのは、神が罪びとの回心を待っておられるだけではなく、人間を回心とご自分との和解に導くために、御自ら働いてくださるということなのです。実は、御子の受肉、つまり、神の御ひとり子が人間になって、私たちの間で人間として生き、活動され、死に、復活されたことは、神の救いの働きの頂点なのです。

人間になられた御子において神は、罪を犯すことによってご自分から離れて、永遠の滅びに向かっていた人間のところに来られて、人間が神との交わりに戻るのを可能にしてくださったのです。このような働きは、想像もつかないほど大きな恵みですが、羊や銀貨と違って、人間には自由意志がありますので、人間が神との交わりに戻るために、この神の働きだけでは十分ではありません。必要なのは、人間の心の中で、神との交わりに戻りたいという望み、つまり神への愛を起こすことなのです。

人間の心の中で神への愛を起こすためにこそ、イエス・キリストは、神のいつくしみ深い愛について教えてくださったし、罪に生きていた人々と共に食卓を囲んだり、人間の病気を癒したり、悪霊を追い出したりして、神の愛を現してくださったわけです。言うまでもなく、神の愛の最も完全な啓示は、それと同時に人間を神のもとへ最も力強く引き寄せるのは、イエス・キリストの十字架上の死と復活なのです。

ますます多くの人々がイエス・キリストの生涯とイエスの教えを知り、イエスの言葉と行いにおいて、神の愛の素晴らしさを見出すことができますように。そして、父である神の素晴らしさと偉大さに憧れて、神のもとに近づき、神と和解し、神との愛の交わりに生きることによって、永遠の喜びに向かって歩みながら、神の愛を他の人に現すことができますように祈りましょう。

天地万物を造り、治められる全能の神よ、
あなたの民を顧みてください。
わたしたちが救いの力を知り、
心を尽くしてあなたに仕えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。