四旬節第1主日A年 (マタ 4,1-11)

「すると、イエスは言われた。『退け、サタン。「あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ」と書いてある。』そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。」マタ4,10-11

神に象って、神の似姿として創造された人間は、自由意志を持っていても、自ら何が善であるか、何が悪であるかということがはっきりとは分かりません。ですから、正しい選択をすることによって人生の最終的な目的に近づくために、つまり愛による神との完全な一致に向かって歩むために、正しい道、正しい生き方を教えてくださる案内者を必要としているのです。

ご自分の命にあずかるために、また、愛によって結ばれて、ご自分と一つになるために人間を創造してくださった、神の言葉を信頼しているとき人間は、自分をこの目的に導く道を知ることができるだけではなく、この道を歩むために必要な力も与えられて、人生の最終的な目的に向かって歩むことができます。

けれども、神を信頼する代わりに、自分と同じように無知な人を信頼したり、「嘘の父」で、人間を憎んでいる悪魔を信頼したりするとき、目指している目的に近づくことができないだけではなく、この目的から段々と遠ざかるし、自分の人生の旅は絶望的なものになってしまうのです。

私たちは、イエスと同じように、どんな状況においても父である神を信頼して、神との愛の交わりの内に生き、御言葉に従うことによって、私たちを惑わそうとしているいろいろな誘惑に打ち勝ち、主イエスと共に神の国に向かって、つまり愛による神との完全な一致に向かって、力強く歩むことができますように祈りましょう。

全能の神よ、 
年ごとに行なわれる受難節の典礼を通して、 
わたしたちに、
キリストの死と復活の神秘を深く悟らせてください。 
日々、キリストのいのちに生きることができますように。 
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。

 

 

2月22日 聖ペトロの使徒座 (マタ16,13-19)

「すると、イエスはお答えになった。『シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。』」マタ16,17-18

イエス・キリストが集めてくださって、ご自分の後継者であり代理者である教皇や、他の司教たちを通して導いてくださる教会は、2000年の間に非常に激しく攻撃されても、また、人間の弱さのゆえにイエス・キリストの信頼を裏切ることがあっても、イエスの約束通りに、段々と発展して、全世界に広まり、すべての人々に福音を宣べ伝えています。

教皇様のための必要な力と知恵を祈りながら、教皇様の導きによって教会の一致が深まり、教会、つまり私たち一人ひとりが、イエス・キリストから与えられた使命をますます力強く果たし、神の民が成長

全能の神よ、
あなたは使徒の信仰をいわおとして、
教会をゆるぎないものとしてくださいました。
聖ペトロと同じ信仰を宣言するわたしたちが、
困難の中にあっても、
打ちひしがれることのないように強めてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

待降節第3主日A年 (マタ11,2-11)

「イエスはお答えになった。『行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。わたしにつまずかない人は幸いである。』」マタ11,4-6

誰しも喜ぶことがあると思いますが、その喜びについて考えたことがありますか。たとえば、自分が何のときに喜ぶのか、何のことで喜ぶのか、つまり、自分の喜びの原因は何であるか、自分を喜ばせるものは何であるかということについて考えたことがありますか。

恐らく、原因に基づいて喜びを二つのグループに分けることができると思います。一つは、自分の期待や望みが適えられることから沸き起こる喜びです。もう一つは、何か思いもかけない、美しいものとの出会いや、自分が想像も期待もしなかった素晴らしい贈り物をいただくことがもたらす喜びです。

第一のグループの喜びを味わうためには、自分の期待や望みを満たせばいいわけですので、この喜びを得るために自分から進んで何らかの働きをすることができます。けれども、第二のグループの喜びを味わうためにできることは、自分の想像力や望みによって視野が狭くならないように注意しながら、意外な贈り物を見失わないために絶えず目覚めていて、忍耐強く待つことだけなのです。

第一のグループの喜びはある程度まで人間が管理できるものですので、人気のあるものですが、第二のグループの喜びは全く管理のできないものですので、それを求める人は少ないでしょう。けれども、第一のグループの喜びは、私たちの想像力や能力に制限されているものですし、それを探求している人たちは、他の人を操ったり利用したりして、他人を傷つけることがあり、最終的に自分を傷つけることが沢山あります。しかし、第二のグループの喜びは、私たちの想像力を超えるものであり、全能の神が与えてくださる無限のものなので、誰にも害を与えることがなく、人間の心を広くし、人間を高めるものなのです。

さて、私たちの救い主イエス・キリストに信頼して、イエスが私たちに与えたい贈り物を受け入れることができるように、私たちは、自分たちが求めているものにこだわることなく、心を開いて、目を覚まして、忍耐強く待つことができますように祈りましょう。

喜びの源である父よ、
御子キリストの誕生を心から待ち望むわたしがちを顧みてください。
喜びのうちに降誕祭を迎え、
この救いの神秘を祝うことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。