年間第28主日C年 (ルカ17,11-19)

「その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。」ルカ17,15-16

感謝の念は、人間が他の人から何らかの形の助けを受けた際、例えば、何らかの奉仕をしてもらったとか、何らかの良いことを言ってもらったとか、必要としていた物をもらった際に浮かぶ感情なのです。しかし、この感情が起こるかどうかは、また、その感情の程度は、私たちがこの助けをどのように受け止めるかということに依るのです。

相手からいただいたものの実際の価値や、そのものに対する私たちの客観的な評価よりも、助けてくださった相手の動機や努力についての私たちの考えの方が、感謝の念が起こるかどうかに関して決定的なものです。たとえ、相手から頂いたものや助けは、大きな価値のあるものであると考えても、この人がこのようにしたのは、自分の義務だったからとか、他に選択がなかったからとか、それとも、自分のために何らかの利益を求めたからとかと考えたならば、感謝の念が浮かばないでしょう。けれども、頂いたものや助けの価値がそれほど大きくなくても、相手が全く自由に、何らかの隠した目的のためではなく、完全に無償で、無条件で私たちを助けてくださったという確信が強ければ強いほど、感謝の気持ちは大きくなるものです。私たちを助けることは、助けてくださった人にとって簡単なことではなく、相手により大きな努力や犠牲を求めたものであった、つまり、相手が私たちを助けるために、より大きな代価を支払わなければならなかったということが分かれば、感謝の気持ちがさらに強くなるのです。

考えてみれば、神は、いつも私たちのために最善の働きをされるし、最高の価値のある賜物を与えてくださいます。それをなさるのは、そうする義務があるからではなく、全く自由に、また、完全に無条件で、ただ私たちを愛しておられるがゆえに、私たちの善、私たちの幸福を求めておられるからです。私たちに対する神の愛には、どれほど大きな苦しみが伴っているか、つまり、神が私たちを助けるのに、どれほど大きな代価を支払っておられるかということが分かるためには、十字架に付けられた御子、イエス・キリストの姿を見るだけで十分なのです。

私たちは、神から与えられている助けの真の価値とその性質を見出し、神の愛の偉大さを意識することによって、大きな感謝と喜びに満たされて、神のもとに近づき、神との交わりを深めることができますように祈りましょう。

すべてを治められる神よ、
あなたは先にわたしたちを愛してくださいました。
この愛に支えられるわたしたちが、
いつも心から兄弟に仕えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

 

 

10月6日-10月12日(41週)

6日(日)年間第27主日

7日(月)ロザリオの聖母(記)

8日(火)年間第27火曜日

9日(水)年間第27水曜日

    (聖ディオニジオ司教と同志殉教者、聖ヨハネ・レオナルディ司祭)

10日(木)年間第27木曜日

11日(金)年間第27金曜日

    (聖ヨハネ23世教皇)

12日(土)年間第27土曜日

    (聖母の土曜日)

年間第27主日C年 (ルカ17,5-10)

「使徒たちが、『わたしどもの信仰を増してください』と言ったとき、主は言われた。『もしあなたがたにからし種一粒ほどの信仰があれば、この桑の木に、「抜け出して海に根を下ろせ」と言っても、言うことを聞くであろう。』」ルカ17,5-6

自分たちの信仰が小さすぎると思った使徒たちは、イエスにそれを増してくださるように頼みました。その依頼に応えてイエスが言われたのは、彼らの信仰の本当の問題というのは、その大きさではなく、その質、つまりそのあり方であるということでした。

その12人の使徒は、自分たちの家とか仕事とか、つまり今までの生き方を捨てて、イエスの呼びかけに応えて従ったほどに強い信仰を持っていました。けれども、彼らが信じたのは、メシアとしてイエスがいつか必ず王になるということと、イエスに従えば、その権力や富や名誉に自分たちもまたあずかることができるということでした。彼らにとって、イエスを信じてイエスに従うというのは、自分たちの野心や欲望を満たすための手段であったわけです。

正しい信仰のあり方を説明するために、イエスは謙遜な僕について、たとえを語りました。真の信仰を持っている弟子は、このたとえの僕が主人に仕えたように、キリストに仕えます。それは、キリストが私たちの奉仕を必要としているからとか、私たちを奴隷にしたいからとかではありません。キリストに仕えることによって、人は自分の能力や時間だけではなく、自分自身をキリストに奉献するのです。

実は、キリストにとって私たちは僕ではなく、友なのです(ヨハ15,15)。そして、イエスは私たちの奉仕を受けるだけではなく、自ら私たちに仕えてもくださるのです(ルカ12,37)。それは、ご自分の命を与えてくださったほど献身的な奉仕だったのです。

そのような相互の奉仕の目的というのは、より楽な生活を互いに送るような利益ではなく、永遠につづく相互の一致なのです。私たちはキリストの奉献を受け入れ、自分自身をキリストに完全にささげたら、イエスと一つになるのです。そしてイエスと一致することによって、父である神の命にあずかり、神の愛に生きるようになるのです。それこそが、真の信仰の最終的な目的であるのです。

全能永遠の神よ、
あなたの恵みは限りなく、
人の思いをはるかに越えて世界の上に注がれます。
わたしたちを罪の重荷から解放し、
まことの自由に導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第26主日C年 (ルカ16,19-31) 

「主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。」2コリ8,9

お金そのものは、決して悪いものではありませんし、お金を全然持っていないよりは、持っていた方がいいに決まっています。けれども、お金を持っている時、特に必要以上に持っている時には、それに伴う危険性を意識して、害を受けないように気を付ける必要があると思います。

お金に関する危険性は沢山あるでしょうが、その内の一つについてだけ考えてみたいと思います。お金は、それを持つ人にいろいろな可能性を与えますが、その全ての可能性がこの人を生かすようなもので、この人を本当の幸せに近づかせるようなものであるわけではありません。そのために、いろいろな可能性の中から、正しい可能性を選ぶための確かな基準が必要です。

このような基準がなければ、お金を持っている人は、心の本当の飢え渇きを満たすために必要なものというよりも、単にお金で買えるようなものを求めるようになり、お金で買うもので満たすことのできない心の望みを無視し、自分の欲望を優先してしまう恐れがあるのです。

そうなると、お金で買えるようなもので欲望を満たし、一時的に満足を得て喜びを感じることができますし、暫くの間、飢え渇く心の叫びが聞こえなくなります。けれども、このような気持ちが過ぎたら、満たされたはずの欲望は前よりも大きくなりますし、心の飢え渇きも大きくなるのです。そのために、少しでも満足や喜びを楽しめるように、また、心の叫びを聞こえなくするように、ますます沢山のものが必要になりますので、このように生きている人は、贅沢しても沢山のものを集めても、本当の豊かさ、つまり、心を満たし人間に真の幸福を与える豊かさを、知らずに生きることになるわけです。そのような態度を変えない人は、集めたものを何時か必ず失いますが、心の飢え渇きは永遠に満たされないままに残るのです。

裕福な人も貧しい人も、イエスの模範や教えを基準にして生きることによって、心が満たされ、本当に豊かで幸せな人生を送ることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
あなたのゆるしは限りなく、
そのあわれみはすべてに及びます。
あなたを探し求める人に恵みを注ぎ、
永遠の喜びを与えてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第23主日C年 (ルカ14,25-33)

「自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない。自分の持ち物を一切捨てないならば、あなたがたのだれ一人としてわたしの弟子ではありえない。」ルカ14,27.33

イエス・キリストが神のいつくしみ深い愛について語り、ご自分の行いによってこの愛を実際に表してくださった時に、多くの人々が喜び、大きな希望を持ってイエスについて行ったり、イエスのもとに集まって、イエスの言葉に耳を傾けたりしました。けれども、イエスの言葉を自身も行った人は少なかったし、イエスに最後まで従った人は、たったの数人だけでした。

確かに、神の愛は何よりも素晴らしく、魅力的なもので、何よりも価値のあるものです。このような神の愛に生きる人だけが完全に満たされ、永遠に幸せに生きることができますが、この愛を受け入れるために、他のすべてのものを手放さなければならない、つまり、必要なものを持ち続けながらも、あらゆる執着と他の束縛から解放されて、すべてのものに対して自由にならなければなりません。

それから、この世において神の愛に生きる人は、イエスと同じように他の人々によって不正な扱いをされたり、苦しい目に遭わせられたりすることがあります。そのために、神の愛を受け入れること、また、この愛に忠実に生きることは、なかなか難しいことなのです。

このような苦しみ、つまり愛に伴う苦しみを受け入れることこそ、イエスが言われる十字架を背負うことであって、このような苦しみを受け入れる覚悟を持つ人だけが、イエスの真の弟子になり、イエスに最後まで従い、愛の完成にあずかるようになるのです。

私たちは、神の愛の受肉であるイエスをますます深く知ることによって、イエスの素晴らしさにますます強くあこがれますように。そして、イエスに対する愛に強められて、神の愛を受け入れ、どんな状況においてもこの愛に忠実に生きることによって、この愛において成長しながら、それを出会う人々に伝えることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたはキリストによってわたしたちをあがない、
神の子どもとしてくださいます。
あなたの愛を受けた民を顧み、
御子を信じる人々に、
まことの自由と永遠の喜びをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

年間第22主日C年 (ルカ14,7-14)

「宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」ルカ14,13-14

イエスは、宴会やパーティの催し方ではなく、神の国について教えています。イエスが神の国について教えてくだったのは、神の国に入るように招かれている私たちの心の中で、神の国に入りたいという望みを起こすため、また、神の国へと導く道を教えるためだったのです。

イエスは、ご自分が教えてくださることを必ず実践しておられる方です。「貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を」招くことについての教えも、例外ではありません。イエス・キリストご自身が催してくださった宴会というのは、最後の晩餐と同時に、過ぎ越しの神秘、つまり、キリストの十字架上の死と復活の再現にもなっているミサ聖祭、感謝の祭儀なのです。ミサ聖祭に招かれている人たちは、自分の力だけによっては、絶対に幸せになることのできない人、神の恵みを受けても、何のお返しもできない人々ばかりなのです。

ミサの中でイエスは、私たちのために二つの食卓を準備しておられます。一つは、御言葉の食卓です。もう一つは、イエスご自身の体の食卓です。したがって、ミサの中で私たちは、神の言葉とイエスご自身の体、つまり、どんな美味しい食べ物や飲み物にも、勝る「食物」によって養われていますし、目に見える兄弟姉妹だけではなく、イエスご自身との、イエスによって三位一体の神との、つまり、どんなに楽しい仲間にも勝る方々との、交わりの恵みを与えられているのです。

このようなミサは、神の小羊の婚宴に譬えられている、神の国の先取りなのです。なぜなら、神の国とは、最高の喜びと平和、つまり至福に満たされて、三位一体の神と救われたすべての人との、愛の交わりに生きることだからなのです。したがって、開かれた心を持ってミサに参加することによって、私たちはある程度まで、神の国の現状を体験することも、神の国の生き方を身に着けることもできるのです。

私たちは、意識的にミサに参加し、神の愛について学び、それを実際に体験し、実感することによって、仲間のキリスト者やイエス・キリストとの愛の交わりを深めることができますように。そして、日常生活において、イエス・キリストと共に、また、キリストのように生きること、すなわち、自分の楽しみや他の利益ではなく、無償の愛を基準にして生きることによって、神の国へ向かって歩みながら、多くの人々を神の国へと導くことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたを愛する心をお与えください。
復活の信仰に生きるわたしたちが、
人々の中で、
絶えずそのあかしを立てることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第21主日C年 (ルカ13,22-30)

「『主よ、救われる者は少ないのでしょうか』と言う人がいた。イエスは一同に言われた。『狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。』」ルカ13,23

父である神は、ご自分が創造されたすべての人々の救いを求めておられます。救いとは、三位一体の神の愛の交わりにあずかることですので、救われるためには、神の愛と共に神ご自身を受け入れることと同時に、自分の愛と共に自分自身を神にささげること以外には方法がないのです。それは非常に難しいこと、もしかして全く不可能であると思われるかもしれませんが、人間の力だけでは無理なことであっても、神の働きによって可能なものになっているのです。

人間が救われるために、神はまず、人間に自由意志と共に、愛する能力を与えてくださいました。それから、人間のために命に満ちた素晴らしい生活の場を造って、人間に対する愛を表し、人間をご自分との愛の交わりへと招いてくださったのです。人間はこの招きを拒否して、神が示してくださった道とは別の道を歩むことによって幸福を得ようとするようになっても、神は人間に対するご自分の愛とこの愛に基づく望みを諦めずに、人間の救いのために働き続けられたのです。

神の愛の最も完全な表現と最も力強い招きとは、イエス・キリストの生涯、特にイエスの受難と十字架上の死、また復活ですが、神は今日に至るまで無限の方法を以て、一人ひとりにご自分の愛を表し、愛の交わりへと招いておられるのです。人間は知的に神を知らずに、それを意識しなくても、真の愛に生きることによって、実際に神の招きに応えているし、永遠の救いに向かって歩んでいるのです。

殆どの人々が、自分と自分が属しているグループのことだけを考え、自分の楽しみ、自分の快楽や満足のみを求めている現代、つまり利己心が一番高く評価されている現代に生きる私たちにとって、愛に生きることは非常に難しいのです。なぜなら、愛に生きること、つまり自分のためではなく、他人のために生きることは、自分の楽しみ、自分の快楽や満足、一言で言えば自分の幸福を犠牲にすることであって、現代人の価値観では、一番愚かな生き方として考えられているからです。

愛に生きるために、傷つけられているがゆえに自己防衛的になっている自分の本性だけではなく、現代の価値観や一番強い流行に逆らう必要があっても、ますます多くの人々が、ご自分の復活によってイエス・キリストが表してくださった愛の力を信じて、神の望みと同時に、自分自身の心の最も深い望みに沿って愛に生き、神の招きに応えることができますように祈りましょう。

永遠の父よ、
約束された聖霊を待ち望むわたしたちの祈りを
聞き入れてください。
移り変わる世界の中にあって、
わたしたちが心を一つにして愛のおきてを守り、
いつもまことの喜びに生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第20主日C年 (ルカ12,49-53)

「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。」ルカ12,49

イエス・キリストが地上に投ずる火とは、愛の火なのです。イエスは、自分自身が、父である神とすべての人々に対する愛の火で燃えたように、一人ひとりの人にも燃えるようになることを求めておられるのです。この望みを実現し、すべての人々の心の中で愛の火を起こすために、ご自分の言葉と行いによって神ご自身の愛を現してくださったのです。十字架上の死は、神の愛の一番完全な表現となりましたが、イエスは、大きな知恵を以って神の愛を宣言したり、大きな力を以って人々を助けたりしたときに、多くの人がイエスに従っていましたが、イエスが逮捕されたときには、一番親しい弟子たちですら自分たちの命を守るためにイエスから離れました。そして、イエスに従って来た群衆自身が、イエスの死刑を求めるようになったのです。

弟子たちがイエスから離れ、群衆がイエスに対して敵意を持つようになったのは、自分たちの利益を求めただけで、彼らの心の中では愛が燃えていなかったからでしょう。おそらく、イエスにとっては肉体的な苦しみよりも、ご自分を通して神の愛を体験した人々のこのような心の状態の方が、大きな苦しみをもたらしたのではないかと思います。

幸いに、弟子たちの裏切りも、群衆の敵意も、権力者の不正や苦しい受難と十字架上の死も、イエスの愛を滅ぼすことができませんでした。イエスは最後まで、父である神と例外なくすべての人々を愛し抜かれたからこそ、救いのわざを成し遂げてくださったのです。

この救いのわざの一番大きな実りとは、聖霊、つまり神ご自身の人格的な愛の派遣でした。使徒たちは、五旬祭の日に聖霊を受けてから、イエスの望み通りに、愛の火で燃えるようになって、命をかけてキリストを証しすることによって、全世界に愛の火を投ずるようになったのです。

現在の人も心を開けば、イエス・キリストが遣わしてくださった聖霊を受けることによって、愛の火で燃えるようになれます。確かに、この愛の火は、人の心を温め、人生を照らすから、大きな喜びと平和をもたらしますが、同時に、この人の心の中にある罪や悪い癖、不健全な執着などが愛の火で燃え尽くされますし、場合によって、この愛に忠実に生きるために他の苦しみをも受ける必要があるかもしれません。ですから、愛の火を受け入れるために、愛を求めることだけではなく、イエスに対する信頼が必要です。要するに、私たちは、愛の火に燃えつくされるのではなく、清められるという確信、また、結果的にキリストの姿に造り替えられ、完成させられるという確信も必要なのです。

いつくしみ深い父よ、
あなたを深く愛する心をお与えください。
すべてにおいてあなたを愛し、
人の思いをはるかに越えたしあわせに
あずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第19主日C年 (ルカ12,32-48) 

「あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ。」ルカ12,34

自分の富とは何か、つまり自分が何を一番大切にしているかと問われたら、いろいろな答え、もしかして、尋ねる人によって、また、場所や状況によって異なる答えを出すことでしょう。けれども、自分にとって本当に何が大事であるかということを知るためには、頭で考えるよりも、自分が実際に何のために、また、誰のために一番長い時間とか、一番大きなエネルギーとか、一番沢山のお金などをかけているかということを、見る必要があると思います。

昔の人や現代の多くの人にとって最も大切なのは、実はイエス・キリストとの関係なのです。けれども、誰かがイエスとの関係を一番大切にするからと言って、他の人との関係を軽んじるということではありません。イエス・キリストとの真の愛の交わりの内に生きている人は、イエス・キリストご自身と同じように、自分に対しても他の人に対しても、また、仕事や他のものに対しても、正しい態度をとることができます。言い換えれば、イエスとの関係が自分の最も大切な富になれば、他のあらゆる関係が癒されて、自然に正しくなるのです。

おそらく、自分の生き方を正直に見つめれば、大部分のキリスト者が自分たちにとって、イエス・キリストよりも大切なものがまだまだ沢山あるということに気が付くことでしょう。それを見ると、もしかしてキリスト者とは、イエス・キリストを誰よりも強く愛し、イエスとの関係を自分の命を含めて何よりも大切にしている人ではなく、むしろイエス・キリストを誰よりも強く愛したい、イエスとの関係を何よりも大切にしたいと求めている人なのではないかと思わせられるのです。

その望み自体は、大きな恵みです。もし、私たちがこの望みに従って生きるならば、つまり、聖書の読書を初めとして、与えられた機会を用いてイエスをもっと深く知るように努めることによって、また、イエスに対する愛がまだ小さくてもそれにできるだけ忠実に生き、それを実践することによって、それから、個人的な祈り、キリスト教の共同体の生活に肯定的に参加し、他のキリスト者と交わり、共に祈ることによってイエスとの交わりを深めようとするならば、イエス・キリストご自身が、私たちとの関係を完成してくださるに違いないと、私たち日リスト者は信じています。

さて、私たちはイエス・キリストとの交わりの完成を目指して、イエスから与えられた使命を果たし、イエスに最後まで従うことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
わたしたちは、
聖霊によってあなたの子どもとしていただきました。
あなたを父と呼ぶわたしたちを、
約束された永遠のいのちに導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。