年間第11月曜日 (マタ5,38-42)

「わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。」マタ5,39

   復讐する人は悪を止めるのではなく、悪を増やすだけです。悪が悪を生み出すという悪循環を止めるためには、ゆるすことしかありません。加害者をゆるすことは、復讐や他の不正を放棄することですが、それは決して不正や暴力、または他の悪に対して受身的な態度をとることとか、それを許可することではありません。それは、悪を止めるために不正な手段を用いないことを決心し、加害者が悪の道を離れるように、できる限りの善を行う努力をすることなのです。

私たちは、イエス・キリストに倣って、私たちを傷付けたすべての人をゆるすことができますように。そして、「悪に負けることなく、善をもって悪に」(ロマ12,21)打ち勝つことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたはパドアの聖アントニオを選び、
すぐれた説教師、
困難な時の助け手としてくださいました。
わたしたちが聖人の教えと模範に従い、
いつもあなたの支えを見いだすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第10土曜日 (マタ5,33-37)

「あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである。」マタ5,37

   人間は、他の人をだまして利用するために、ときに、自分の過ちや悪事、または、他の醜いところを隠すために、嘘をつくことがあります。相手を守るためとか、心配させないため、悲しませないために嘘をつくこともあります。けれども、どんな動機や目的であっても、嘘はいつも悪いものなのです。なぜなら、正しい人間関係は、真実においてだけ、たとえそれが、非常に苦しい真実であっても、真実においてだけ発展するものであるからです。

私たちが恥ずかしくて隠したいものを含めて、すべてを知っていても私たちを愛しておられ、人間の過ちや悪事から善を引き出す力を持っておられるイエス・キリストに信頼して、自分に対しても他の人に対しても、何よりもキリストに対して正直に生き、イエス・キリストとの、また、他のすべての人との関係を正し、深めることができますように祈りましょう。

 

6月18日 キリストの聖体A年 (ヨハ6,51-58)

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。」ヨハ6,56

神はイエス・キリストにおいて、ご自身を全ての人の手に渡してくださいました。それは一人ひとりの人が、イエス・キリストを受け入れることによって神を受け入れるためであり、イエス・キリストに自分自身をささげることによって、神に自分自身を与えるためなのです。このように、互いに与え合い、受け入れ合うことによって、人と神が結び付き、最終的に両者が一体となるためです。この一致こそが永遠の命であり、完全な幸福の状態なのです。

ミサの時、聖体拝領することによって、私たちはイエス・キリストを受け入れます。同時に、イエスに従いイエスに倣って生きることによって、自分自身をイエスにささげるという洗礼の約束を更新します。ミサの時に受け入れたイエス・キリストを、日常生活においてどのように扱っていますか。イエスが自分の生活の一番大事な方になって、生活の中心となっているのでしょうか。イエスに従い自分自身をイエスにささげるという約束を、どのように果たしていますか。

ミサに限らず日常生活の中でも続けられているイエス・キリストとの交わりによって、イエスへの愛が深まり、イエスとの一致が私たちの内で深まっていきますように祈りましょう。

恵み豊かな父よ、御子キリストは、
その死を記念するとうとい秘跡を教会に残してくださいました。
主のからだを受け、救いの力にあずかるわたしたちが、
主の死を告げ知らせることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第10金曜日 (マタ5,27-32)

「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。」マタ5,27-28

   人間には、他の人の善のために、自分のすべてをささげ、自分自身を犠牲にする権利があります。それこそ最高の愛の実践なのです。しかし、人間には、自分の利益のために他の人を利用したり、犠牲にしたりする権利はありませんし、そのような行いは愛と正反対のもので、他人に害を与えるだけではなく、最終的に本人にも害をもたらすものなのです。

私たちはイエス・キリストに倣って、他の人のために生きることによって人間として成長し、キリストのように完成されますように祈りましょう。

すべてを治められる神よ、
あなたに祈り求める民を顧み、
尽きることのないいつくしみを注いでください。
あなたの似姿に造られた人々が救いの恵みを受け、
新しいいのちのうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第10木曜日 (マタ5,20-26)

「あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。」マタ5,23

   負わされた不正に対して復讐する、つまり、悪に悪を返すという悪循環を破るために、被害者側からの無条件のゆるしが必要ですが、加害者が自分の悪事を認めたうえで、被害者に謝ることは、このゆるしの促進につながるでしょう。

私たちは、どんな理由であっても誰かに対して不正を行うことがあれば、自己を正当化したりするのではなく、イエスの教えに従って反省して、私たちが傷つけた人に素直に謝ることができますように祈りましょう。

ひとり子を与えるほど世を愛された父よ、
あなたは愛のおきてによって、
すべてを完成に導いてくださいます。
わたしたちが互いに愛し合うことによって、
人々にあなたの愛をあかしすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

 

年間第10水曜日 (マタ5,17-19)

「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。」マタ5,17

   創造主である神は、最初から人間が愛に生きることを求めておられましたが、人間が愛の源である神から離れたと同時に、愛から離れた時から、人間の力に合わせて掟を与え、人間が愛に生きるようになるよう人間を導き、育てておられるのです。

私たちは、旧約聖書と新約聖書の中に書き記されている掟と教えの中から、現在守ることのできるところから初めて、それを守ることによって成長し、そしてやがて完成されて、イエス・キリストのように愛に生きることができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたはパドアの聖アントニオを選び、
すぐれた説教師、困難な時の助け手としてくださいました。
わたしたちが聖人の教えと模範に従い、
いつもあなたの支えを見いだすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

恵み豊かな神よ、
わたしたちの信仰、希望、愛を強めてください。
すべてに越えてあなたを愛し、
約束された永遠のいのちを受けることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第10火曜日 (マタ5,13-16)

「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」マタ5,16

父である神が私たちに与えてくださった信仰は、私たちの人生の目的とこの目的に導く道を示すものとして、私たちの人生に意義を与えるものです。けれども、私たちがこの優れた賜物をいただいたのは、自分たちのためだけではなく、それを他の人々と分かち合うためでもあるということを、忘れないように注意する必要があるのです。

私たちは、いただいた信仰を忠実に生きることによって、多くの人々のために、人生には正しい目的が存在することを表し、正しい道を照らす光となり、創造主である神が定めた人生の意義を与える塩となることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
わたしたちがいつも聖霊の光を求め、
ことばと行いをもって、
み旨を果たすことができるように導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第10月曜日 (マタ5,1-12)

「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。」マタ5,3

創造主である神以外のものに頼る人、つまり、幸せになるために神以外のものがどうしても必要であると思う人が、沢山いるようです。けれども、人間は、神との愛の交わりに生きるために創造された存在ですので、神以外のものには、人間に幸せを与える力がありません。従って、人間は、この事実を認めて、神にすがるようにならない限り決して幸せにはなれないのです。

ますます多くの人々が、自分自身の力の限界とこの世の物事の限界を認めて、神のもとに集い、神の望みに従って生きることができますように祈りましょう。

すべての人の父である神よ、
あなたは、異邦人の回心のために、
聖霊と信仰に満たされた聖バルナバをお選びになりました。
使徒の熱意と模範にならい、わたしたちも、キリストの福音を
ことばと行いを通して宣べ伝えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
いつくしみ深い父よ、
あなたはわたしたちを選び、
光の子としてくださいました。
わたしたちが罪のやみに迷うことなく、
いつも真理の光のうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

6月10日 年間第9土曜日 (マコ12,38-44)

「イエスは教えの中でこう言われた。『律法学者に気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ることや、広場で挨拶されること、会堂では上席、宴会では上座に座ることを望み、また、やもめの家を食い物にし、見せかけの長い祈りをする。このような者たちは、人一倍厳しい裁きを受けることになる。』」マコ12,38-40

   良い人間とは、正しい行いをする人であるだけではなく、正しい心、つまり、正しい動機をもって、正しい行いをする人なのです。

私たちは、イエス・キリストから真の正しさを学ぶことができますように。そして、いつも正しいことを行うように努めながら、必要に応じて自分の動機を正すことができますように祈りましょう。

6月11日 三位一体の主日A年 (ヨハ3,16-18)

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」ヨハ3,16

イエス・キリストが、私たちのためにご自分の命を与えてくださったことによって、完全な愛とは、愛する人のために自分自身の全てを奉献することであるということを、示してくださいました。

父と子と聖霊は、このような完全な愛を以て互いに愛し合っておられる、つまり互いに完全に与え合い、受け入れ合うがゆえに完全に一致しておられます。ですから、父と子と聖霊は異なるペルソナ(位格)であっても一体であり、唯一の神なのです。

父である神は、御ひとり子、それから聖霊をお与えになることによって、ご自分自身を私たちに与えてくださいました。この神ご自身の奉献によって、すべての人が三位一体の神との愛の交わりに招かれているということが分かります。実は私たちは、愛によって神と結ばれて、神と一つになるために創造されていますので、この目的に到達していない限り、私たちの心の望みは満たされないし、永遠に続く幸せを味わうこともできないのです。

人間は罪を犯したことによって神から離れて、神との交わりを失いましたので、神の招きに応えることができなくなりました。けれども、神の御ひとり子が人間になって、あがないのわざを実現してくださった結果、神と和解すること、最終的に神と一つになることが可能になったのです。

洗礼を受けることによって私たちは、聖霊とともに、父と御子を受け入れましたが、三位一体の神の愛の交わりに完全に参与し、神と一体になるためには、私たちが自分自身を神に奉献しなければなりません。キリストに従い、キリストのように隣人を愛するように努力することによって、すなわち自分のためではなく、他者のために生きるように努力することによって、私たちは少しずつ自分自身を三位一体の神にささげ、神との愛の交わりを深めるのです。

聖なる父よ、
あなたは、みことばと聖霊を世に遣わし、
神のいのちの神秘を示してくださいました。
唯一の神を礼拝するわたしたちが、
三位の栄光をたたえることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イェスーキリストによって。アーメン。