年間第10主日B年 (マコ3,20-35)

「はっきり言っておく。人の子らが犯す罪やどんな冒涜の言葉も、すべて赦される。しかし、聖霊を冒涜する者は永遠に赦されず、永遠に罪の責めを負う。」マコ3,28-29

この地上は、善と悪の争いの舞台であると言えると思います。また、この争いは、霊的な善と霊的な悪の争いの現れであるとさえ言えるかもしれません。各々の戦いにおいて悪が勝ったり、善が勝ったりすることがありますが、最終的な勝利者はすでに決まっています。この勝利者とは、人格的な善そのものであり、堕落して悪霊となった天使を含めて、存在しているすべてのものの創造主である、神なのです。

イエス・キリストは、人格的な悪である悪霊に取りつかれていた人を、一言だけで解放する力を持っていました。イエスに対して敵意を持っていた人たちでさえ、イエスがベルゼブルの力や悪霊の頭の力を以て悪霊を追い出していると訴えることによって、イエスが悪霊を追い出す力を持っておられたという事実を認めていました。イエスは、このようなご自分の働きを説明して、次のように語ります。「わたしが神の指で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ」(ルカ11,20)。要するに、ご自分が神ご自身の力、言い換えれば、聖霊の力を以て、悪霊を追い出しているということと、この働きは神の国の到来、つまり神ご自身の最終的な勝利を表すしるしであるということです。

人間は自由意志を持っていますので、善を行うことも、悪を行うことも選ぶことができます。そのような選択によって人間は、そんなつもりがなくても、実際に自分の仲間を選んでいるのです。人間は、殆どの場合、自分の無知のゆえに騙されて、悪を行うことによって自分の心を悪霊に対して開き、だんだんと悪霊の支配下に入り、悪霊の虜になっていくのです。

幸いに神は、誰一人と言えども諦めたりしませんので、人が回心して、神のもとに戻るよう常に働いてくださいます。ですから、悪霊の虜となったこの人が自分の過ちに気が付いて、神のゆるしを求めるならば、必ず神に受け入れられるということを、イエス・キリストが約束してくださったわけです。

けれども、人の罪や過ちを示してくださる聖霊の働きに応じることなく、頑なな心を持って、自分の罪や過ちの結果である現状に留まるならば、この人の罪がゆるされることはなく、命と愛、またその他のすべての良いものの源である神から、永遠に離れることになるということも、イエスが教え警告してくださっているのです。

 

イエスのみ心の祭日B年 (ヨハ19,31-37)

 「兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。」ヨハ19,34

「そのとき、イエスはこう言われた。『天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。』」マタ11,25-26

イエスのみ心の祭日を祝う私たちは、私たちと同じように有限の存在であったイエス・キリストが、人間の心で愛することによって、無限の存在である神の愛を現してくださったことを思い起こし、感謝します。

私たちは、イエス・キリストをますます深く知ることによって、父である神の愛を知ることができますように。そしてこの愛をますます豊かに受け入れ、イエスと同じように神の愛に生きることによって、この愛をまだ知らない人に示すことができますように祈りましょう。

聖なる父よ、あなたは、
人類の罪のために刺し貫かれた御子のみ心のうちに、
限りないいつくしみの泉を開いてくださいました。
わたしたちが、
心からの奉献によってキリストの愛にこたえることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

キリストの聖体B年 (マコ14,12-16; 22-26)

「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。『取りなさい。これはわたしの体である。』」マコ14,22

私たちを愛しておられるイエス・キリストが、いつも私たちと一緒にいたいという望みはよく分かっていても、何故、イエスはパンとぶどう酒、つまり食べ物と飲み物の形において、私たちのところに残ってくださったのかということが、分かりにくいかもしれません。

考えてみれば、私たちが生きるために、何よりも必要としているのは、やはり食べ物と飲み物です。また食べ物は、生きるために一番望ましいものであるうえに、近づきやすいもので、自分を生かすために誰でも遠慮なく用いるものです。おそらく、イエスが食べ物と飲み物の形において私たちと共に残ってくださったのは、私たちが体を養うために食べ物と飲み物を必要としているように、心と魂を養うためにイエスを必要としているということを示すためでしょう。それから、私たちが遠慮なく食べ物に近づいてそれを食べるように、安心してイエスに近づき、心を開いてイエスを受け入れれば、私たちは生かされるということをイエスが望んだのでしょう。

食べるだけで、体を動かさないならば、健康に害を与えることがあります。同じように、キリストの体を受け入れるだけで、キリストに倣って生きようとしないのは、害をもたらすものであることを忘れないようにしましょう。

人間が食べるものは、生きるために必要な力を人間に与えるだけではなく、その体の一部になります。けれども、ご聖体を拝領することによって私たちはキリストとますます深く結ばれて、キリストのようになっていきます。キリストと一体になることが、聖体拝領の最終的な目的であると言えるでしょう。

恵み豊かな父よ、御子キリストは、
その死を記念するとうとい秘跡を教会に残してくださいました。
主のからだを受け、救いの力にあずかるわたしたちが、
主の死を告げ知らせることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

年間第8土曜日 (マコ11,27-33)

「イエスは言われた。『では、一つ尋ねるから、それに答えなさい。そうしたら、何の権威でこのようなことをするのか、あなたたちに言おう。ヨハネの洗礼は天からのものだったか、それとも、人からのものだったか。答えなさい。』」マコ11,29-30

正しさや真実ではなく、自分の都合や利益を最優先して生きていたがゆえに、洗礼者ヨハネが真の預言者であったことを認めなかった祭司長たちや律法学者たちは、イエスが神ご自身の権威で働いておられることを知らされても、この事実を認めることができなかったのです。

私たちは日常生活において、正しいと思うことや真実であると思うことに、できる限り忠実に生きることによって、まことの正義と真実そのものである神を知り、受け入れることができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたの恵みは限りなく、
人の思いをはるかに超えて世界の上に注がれます。
わたしたちを罪の重荷から解放し、
まことの自由に導いてください。 
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第8金曜日 (マコ11,11-25)

「そして、人々に教えて言われた。『こう書いてあるではないか。「わたしの家は、すべての国の人の/祈りの家と呼ばれるべきである。」/ところが、あなたたちは/それを強盗の巣にしてしまった。』」マコ11,17

人間は、宇宙万物の創造主である神との愛の交わりに生きるために創造された存在であるという意味で、「祈りの家」になるように、つまり「神が臨在される神殿」になるように招かれているのです。神との関係を無視して自分の利益だけを求め、この世の富だけで豊かになろうとしている人々は、「祈りの家」になる代わりに、「強盗の巣」、または、実のない葉の茂ったいちじくの木のようなものになっているのです。

神と人間との間の唯一の仲介者であるイエス・キリストとの関係を深めることによって、父である神とのますます親しい交わりのうちに生きることができますように。そして、このような人生が結ぶ実によって私たちが豊かになると同時に、多くの人々が生かされますように祈りましょう。

 

年間第8水曜日 (マコ10,32-45)

「あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」マコ10,43-45

キリストの栄光にあずかりたい、また、神の国で偉くなりたいという望みは、非常に善いものですが、それを実現するために、この世の権力者のように、他人に仕えてもらったり他の人を利用したりするのではなく、イエスのように他の人に奉仕したり、他の人を生かすために犠牲をはらったりする必要があるということを、忘れてはいけないのです。

私たちはイエスに従い、イエスに倣って生きることによって、神の国の市民として、また、神ご自身の子どもとして成長し、完成されますように祈りましょう。

すべてを治められる神よ、
あなたは先にわたしたちを愛してくださいました。
この愛に支えられるわたしたちが、
いつも心から兄弟に仕えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

年間第8火曜日 (マコ10,28-31)

「イエスは言われた。『はっきり言っておく。わたしのためまた福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑を捨てた者はだれでも、今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け、後の世では永遠の命を受ける。』」マコ10,29-30

信仰と愛によってイエス・キリストと結ばれた人が、特別扱いをされることはありません。すなわち、この人も他の人々と同じように、苦しい目に遭うことがあるということです。けれども、この人は、キリストをとおして最高の喜びと幸福の源である神と、キリストを信じた他の人々と永遠の絆によって、つまり、あらゆる苦しみよりも、また、死よりも強い絆によって結ばれていますので、この苦しみを恐れる必要は全然ないのです。

ますます多くの人々が、信仰と愛によってイエス・キリストと結ばれますように。そして、キリストと共に生き、キリストに忠実に従うことによって、どんな状況においても、神しか与えることのできない喜びと平和を味わいながら、安心して神の国に向かって歩むことができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
あなたを仰ぎ見る民の、心からの願いを顧みてください。
わたしたちが何をなすべきかを知り、
果たすべき使命を全うすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第8月曜日 (マコ10,17-27)

「イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。『あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。』」マコ10,21

父である神が私たちに与えてくださった掟や指示に従う目的とは、私たちの従順のために何らかの報いを受けることではなく、自分の時間や力を、他の人々のためにささげ尽くすことによって愛において成長し、自分の人生を神のための愛のささげものにすることです。

私たちは、イエスと同じように自分のすべてを父である神にささげることによって、神の国に入ること、つまり、もうすでにイエス・キリストにおいて、ご自分自身を私たちに与えてくださった父である神と、一つになることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは倒れていた世界を、
キリストの死によって、
新しいいのちに立ち上がらせてくださいました。
信じる者を罪の束縛から解放し、
終わりのない喜びを味わわせてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。