年間第21主日C年 (ルカ13,22-30)

「『主よ、救われる者は少ないのでしょうか』と言う人がいた。イエスは一同に言われた。『狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。』」ルカ13,23

父である神は、ご自分が創造されたすべての人々の救いを求めておられます。救いとは、三位一体の神の愛の交わりにあずかることですので、救われるためには、神の愛と共に神ご自身を受け入れることと同時に、自分の愛と共に自分自身を神にささげること以外には方法がないのです。それは非常に難しいこと、もしかして全く不可能であると思われるかもしれませんが、人間の力だけでは無理なことであっても、神の働きによって可能なものになっているのです。

人間が救われるために、神はまず、人間に自由意志と共に、愛する能力を与えてくださいました。それから、人間のために命に満ちた素晴らしい生活の場を造って、人間に対する愛を表し、人間をご自分との愛の交わりへと招いてくださったのです。人間はこの招きを拒否して、神が示してくださった道とは別の道を歩むことによって幸福を得ようとするようになっても、神は人間に対するご自分の愛とこの愛に基づく望みを諦めずに、人間の救いのために働き続けられたのです。

神の愛の最も完全な表現と最も力強い招きとは、イエス・キリストの生涯、特にイエスの受難と十字架上の死、また復活ですが、神は今日に至るまで無限の方法を以て、一人ひとりにご自分の愛を表し、愛の交わりへと招いておられるのです。人間は知的に神を知らずに、それを意識しなくても、真の愛に生きることによって、実際に神の招きに応えているし、永遠の救いに向かって歩んでいるのです。

殆どの人々が、自分と自分が属しているグループのことだけを考え、自分の楽しみ、自分の快楽や満足のみを求めている現代、つまり利己心が一番高く評価されている現代に生きる私たちにとって、愛に生きることは非常に難しいのです。なぜなら、愛に生きること、つまり自分のためではなく、他人のために生きることは、自分の楽しみ、自分の快楽や満足、一言で言えば自分の幸福を犠牲にすることであって、現代人の価値観では、一番愚かな生き方として考えられているからです。

愛に生きるために、傷つけられているがゆえに自己防衛的になっている自分の本性だけではなく、現代の価値観や一番強い流行に逆らう必要があっても、ますます多くの人々が、ご自分の復活によってイエス・キリストが表してくださった愛の力を信じて、神の望みと同時に、自分自身の心の最も深い望みに沿って愛に生き、神の招きに応えることができますように祈りましょう。

永遠の父よ、
約束された聖霊を待ち望むわたしたちの祈りを
聞き入れてください。
移り変わる世界の中にあって、
わたしたちが心を一つにして愛のおきてを守り、
いつもまことの喜びに生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第20主日C年 (ルカ12,49-53)

「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。」ルカ12,49

イエス・キリストが地上に投ずる火とは、愛の火なのです。イエスは、自分自身が、父である神とすべての人々に対する愛の火で燃えたように、一人ひとりの人にも燃えるようになることを求めておられるのです。この望みを実現し、すべての人々の心の中で愛の火を起こすために、ご自分の言葉と行いによって神ご自身の愛を現してくださったのです。十字架上の死は、神の愛の一番完全な表現となりましたが、イエスは、大きな知恵を以って神の愛を宣言したり、大きな力を以って人々を助けたりしたときに、多くの人がイエスに従っていましたが、イエスが逮捕されたときには、一番親しい弟子たちですら自分たちの命を守るためにイエスから離れました。そして、イエスに従って来た群衆自身が、イエスの死刑を求めるようになったのです。

弟子たちがイエスから離れ、群衆がイエスに対して敵意を持つようになったのは、自分たちの利益を求めただけで、彼らの心の中では愛が燃えていなかったからでしょう。おそらく、イエスにとっては肉体的な苦しみよりも、ご自分を通して神の愛を体験した人々のこのような心の状態の方が、大きな苦しみをもたらしたのではないかと思います。

幸いに、弟子たちの裏切りも、群衆の敵意も、権力者の不正や苦しい受難と十字架上の死も、イエスの愛を滅ぼすことができませんでした。イエスは最後まで、父である神と例外なくすべての人々を愛し抜かれたからこそ、救いのわざを成し遂げてくださったのです。

この救いのわざの一番大きな実りとは、聖霊、つまり神ご自身の人格的な愛の派遣でした。使徒たちは、五旬祭の日に聖霊を受けてから、イエスの望み通りに、愛の火で燃えるようになって、命をかけてキリストを証しすることによって、全世界に愛の火を投ずるようになったのです。

現在の人も心を開けば、イエス・キリストが遣わしてくださった聖霊を受けることによって、愛の火で燃えるようになれます。確かに、この愛の火は、人の心を温め、人生を照らすから、大きな喜びと平和をもたらしますが、同時に、この人の心の中にある罪や悪い癖、不健全な執着などが愛の火で燃え尽くされますし、場合によって、この愛に忠実に生きるために他の苦しみをも受ける必要があるかもしれません。ですから、愛の火を受け入れるために、愛を求めることだけではなく、イエスに対する信頼が必要です。要するに、私たちは、愛の火に燃えつくされるのではなく、清められるという確信、また、結果的にキリストの姿に造り替えられ、完成させられるという確信も必要なのです。

いつくしみ深い父よ、
あなたを深く愛する心をお与えください。
すべてにおいてあなたを愛し、
人の思いをはるかに越えたしあわせに
あずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

8月11日-8月17日(33週)

11日(日)年間第19主日

12日(月)年間第19月曜日

(聖ヨハンナ・フランシスカ・ド・シャンタル修道女)

13日(火)年間第19火曜日

(聖ポンチアノ教皇 聖ヒッポリト司祭殉教者)

14日(水)聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭殉教者 (記)

15日(木)聖母の被昇天(祭)

16日(金)年間第19金曜日

(聖ステファノ ( ハンガリー) )

17日(土)年間第19土曜日

(聖母の土曜日)

年間第19主日C年 (ルカ12,32-48) 

「あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ。」ルカ12,34

自分の富とは何か、つまり自分が何を一番大切にしているかと問われたら、いろいろな答え、もしかして、尋ねる人によって、また、場所や状況によって異なる答えを出すことでしょう。けれども、自分にとって本当に何が大事であるかということを知るためには、頭で考えるよりも、自分が実際に何のために、また、誰のために一番長い時間とか、一番大きなエネルギーとか、一番沢山のお金などをかけているかということを、見る必要があると思います。

昔の人や現代の多くの人にとって最も大切なのは、実はイエス・キリストとの関係なのです。けれども、誰かがイエスとの関係を一番大切にするからと言って、他の人との関係を軽んじるということではありません。イエス・キリストとの真の愛の交わりの内に生きている人は、イエス・キリストご自身と同じように、自分に対しても他の人に対しても、また、仕事や他のものに対しても、正しい態度をとることができます。言い換えれば、イエスとの関係が自分の最も大切な富になれば、他のあらゆる関係が癒されて、自然に正しくなるのです。

おそらく、自分の生き方を正直に見つめれば、大部分のキリスト者が自分たちにとって、イエス・キリストよりも大切なものがまだまだ沢山あるということに気が付くことでしょう。それを見ると、もしかしてキリスト者とは、イエス・キリストを誰よりも強く愛し、イエスとの関係を自分の命を含めて何よりも大切にしている人ではなく、むしろイエス・キリストを誰よりも強く愛したい、イエスとの関係を何よりも大切にしたいと求めている人なのではないかと思わせられるのです。

その望み自体は、大きな恵みです。もし、私たちがこの望みに従って生きるならば、つまり、聖書の読書を初めとして、与えられた機会を用いてイエスをもっと深く知るように努めることによって、また、イエスに対する愛がまだ小さくてもそれにできるだけ忠実に生き、それを実践することによって、それから、個人的な祈り、キリスト教の共同体の生活に肯定的に参加し、他のキリスト者と交わり、共に祈ることによってイエスとの交わりを深めようとするならば、イエス・キリストご自身が、私たちとの関係を完成してくださるに違いないと、私たち日リスト者は信じています。

さて、私たちはイエス・キリストとの交わりの完成を目指して、イエスから与えられた使命を果たし、イエスに最後まで従うことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
わたしたちは、
聖霊によってあなたの子どもとしていただきました。
あなたを父と呼ぶわたしたちを、
約束された永遠のいのちに導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

8月6日 主の変容C年 (ルカ9,28b-36)

「すると、『これはわたしの子、選ばれた者。これに聞け』と言う声が雲の中から聞こえた。」ルカ9,35

神の子であり、神によって選ばれた者であるイエス・キリストは、完全で、最も魅力的な人間なのです。ですから、イエスの本当の姿を見る人は、必ずイエスに憧れて、イエスを愛するようになり、いつまでもイエスと一緒にいたいと望むようになると言っても言い過ぎではないでしょう。

ますます多くの人がイエスを知り、イエスを愛するようになるために、すでにイエスを愛している私たちは、イエスと共に生き、イエスに忠実に従うことによって、少しずつイエスのようになり、イエスの素晴らしさを現すことができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
御子キリストは栄光の姿のうちに現れ、
聖書のことばを通して、弟子たちに救いの神秘を説き、
神の子どもとなるすばらしさを示されました。
御ひとり子の声に従うわたしたちが、
キリストとともにあなたの国を継ぐものとなりますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

8月4日-8月10日(32週)

4日(日)年間第18主日

5日(月)年間第18月曜日

   (聖マリア教会の献堂)

6日(火)主の変容(祝)

7日(水)年間第18水曜日

   ( 聖シスト2世教皇と同志殉教者)、(聖カエタノ司祭 )

8日(木)聖ドミニコ司祭(記)

9日(金)年間第18金曜日

  (聖テレサ・ベネディクタ - 十字架の - おとめ殉教者 - エディット・シュタイン)

10日(土)聖ラウレンチオ助祭殉教者(祝)