年間第7主日C年 (ルカ6,27-38)

「しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。」ルカ6,35

誰かを愛するとは、その人のことを好きだと感じることだと思う人にとって、敵を愛することは不可能であるだけではなく、ご自分の弟子たちに敵を愛することを要求しておられるイエスは、非現実的な人間、世間をまったく知らない人間に見えるかもしれません。

しかし、イエスが言っている愛とは、感情のことではなく、行いのことなのです。誰かを愛するとは、その人を好きだと感じることではなく、その人のために善を行う、しかも、無条件に善を行おうと決心することなのです。

もし、誰かが自分に対して善を行う人のために善を行い、自分に対して悪を行う人のために悪を行うならば、この人は、イエスが言われているような意味では誰をも愛していない、ただ、自分を中心にして、自分の利益を基準にして、周りの人々に振り回されているだけなのです。

キリストの弟子として生きるとは、イエス・キリストに倣って、愛を基準にして生きること、つまり自分に対して善を行う人のためにも、悪を行う人のためにも、善を行うということなのです。しかし、善を行うとは、誰にとっても優しい態度をとったり、何でも許したりすることではなく、必要に応じて、相手の怒りや妬みを招くことになっても、イエスのように、相手の過ちを示したり、その他の正当な手段を以て悪事を止めさせたりすることなのです。

人がこのように愛に生き、すべての人のために真の善を行っても、すべての人に尊敬されるとか、ましてやすべての人から恩返しを受けるということはまずないでしょう。それよりも、多くの人に憎まれ、苛められる可能性の方が高いです。けれども、この人は、このような悪事さえも生かして、必ず人間として成長し、イエス・キリストご自身と同じように神の心に適う神の子になります。そして、その人はいつくしみ深い父である神ご自身の愛を示すことによって、多くの人々を神のもとに引き寄せることもできるでしょう。

全能永遠の神よ、
わたしたちがいつも聖霊の光を求め、
ことばと行いをもって
み旨を果たすことができるように導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

 

年間第6金曜日 (マコ8,34-9,1)

「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。」マコ8,35

幸福を求めることは決して悪いことではありませんが、人間は愛に生きるために創造された存在ですので、愛なしにただ自分の幸福だけを求めて生きると、いくら努力していても、幸せになる代わりに段々と孤独になって、不幸になってしまうのです。なぜなら、そのとき人は愛に生きるのではなく、自己中心に生きているからです。

私たちは、イエス・キリストの教えを信頼し、またイエスご自身の生き方に倣って、出会う人を高めるように全力を尽くして生きることができるように祈りながら、創造主である神しか与えることのできない幸福、それと同時に、愛に生きる人間しか味わえない幸福に、あずかることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
あなたは使徒の信仰をいわおとして、
教会をゆるぎないものとしてくださいました。
聖ペトロと同じ信仰を宣言するわたしたちが、
困難の中にあっても、
打ちひしがれることのないように強めてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第6木曜日 (マコ8,27-33)

「イエスがお尋ねになった。『それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。』ペトロが答えた。『あなたは、メシアです。』」マコ8,29

旧約聖書の中に、メシアの苦しみも復活も預言されているにもかかわらず、ペトロと同じようにメシアを待ち望んでいた殆どの人々は、メシアがイスラエル人の敵を滅ぼし、イスラエルと他の国を治めるようになると考えていたのです。

私たちはペトロに倣って、イエスに従い、御言葉を行うことによって、根拠のない期待や勝手な想像から清められて、イエスご自身とイエスの言葉をありのまま知ることができますように祈りながら、私たちの期待や想像を超える神の国で、イエスと共に生きることができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
わたしたちの信仰、希望、愛を強めてください。
すべてに越えてあなたを愛し、
約束された永遠のいのちを受けることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第6水曜日 (マコ8,22-26)

「イエスは盲人の手を取って、村の外に連れ出し、その目に唾をつけ、両手をその人の上に置いて、『何か見えるか』とお尋ねになった。すると、盲人は見えるようになって、言った。『人が見えます。木のようですが、歩いているのが分かります。』そこで、イエスがもう一度両手をその目に当てられると、よく見えてきていやされ、何でもはっきり見えるようになった。」マコ8,23-25

イエス・キリストが、盲人が完全に見えるようになるまでに、彼と共にいて、忍耐強く彼を癒すために働き続けたように、イエスの力のある働きを見ても知恵の言葉を聞いても、部分的にしか分からなかった弟子たちと、イエスはいつも共にいて、忍耐強く教え続けたのです。

忍耐強く私たちを導いてくださる主イエスに信頼して、イエスと共にエルサレムまで行ってイエスの死と復活を体験し、イエスのことを分かるようになった弟子たちの模範に励まされて、私たちもこの弟子たちと同じように、イエスのことを部分的にしか理解できなくても、イエスに従うことによって、この理解が少しずつ深まり、イエスに対する私たちの愛が完成されますように祈りましょう。

すべてを照らしてくださる神よ、
あなたは、暗やみにさまよう人たちがまことの道に立ち帰るように、
真理の光を輝かせてくださいます。
洗礼を受けたすべての人が、信仰に反することを退け、
キリストに従って生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第6主日C年 (ルカ6,17.20-26)

「この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。」1コリ15,19

キリスト者であるならば、私たちの創造主であり父である神が、真の幸福、しかも永遠に続く幸福の唯一の源であるということと、神はこの幸福をすべての人に、恵みとして与えてくださるということを知っているはずです。また、幸せに生きるために何よりも必要なのは、神の子であるイエスを通して神をますます深く知ることによって、ますます強く神に信頼し、心を開いてこの恵みを受けることであるという事実を信じるはずです。けれども、本当に信じるとは、何らかの事実を認めることだけではなく、それに従って生きることでもあるのです。そのためには、自分が本当に信じているかどうかということを知るべく、自分の生き方を見つめる必要があるのです。

何を得るために、あなたは一番一生懸命に努力し、一番沢山の時間をかけていますか。それは、キリストにもっと忠実に生きること、神をもっと知ること、神にもっと近づくことでしょうか。それともそれは、キリストを知らない人たちが幸せに生きるために、どうしても必要だと思っているようなことなのでしょうか。

もし、私たちがイエスを信じても、イエスの教えと異なる教えに従っているならば、また、永遠の命を信じても、自分の人生は死ぬときに終ってしまうかのように、この世のものだけを求めているならば、私たちこそ不幸であり、誰よりも惨めなのです。けれども、頂いた信仰の恵みに忠実に生き、誰よりもイエスに信頼し、イエスの導きに従って生きるならば、私たちこそ幸いであり、完全な幸福に向かって歩んでいるとの確信を持つことができるのです。

ですから、私たちは貧しさの中にも豊かさの中にも、喜びの時も苦しみの時も、神に信頼し、幸福の唯一の源である神の祝福の内に生きることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは、正義を求める人、
誠実な人とともにおられます。
わたしたちが、恵みに支えられて
豊かな実りをもたらすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

年間第5主日C年 (ルカ5,1-11)

「シモンは、『先生、私たちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう』と答えた。」ルカ5,5

シモンがイエスに言われて漁に出かけたのは、魚がとれると思ったというよりも、イエスに対する尊敬を示すためだったと思います。しかし、魚がとれるはずのないその時に、意外にも沢山の魚がかかり、どんな時よリも沢山とれたのです。
それはシモンにとって大きなショックだったでしょう。突然、大きな贈り物、しかも自分が望んでいても得られないような、全然期待していなかった賜物を与えられました。シモンはイエスにこの望みを表したわけではないし、頼んだわけでもありません。イエス自らが、シモンの望みを見定めて、それをかなえてくださったのです。
シモンの目は、この賜物に留まったのではなく、この賜物の大きさを通して、それを与えてくださった方の愛の偉大さを見出したのです。その時、恐ろしくなりました。なぜなら、シモンは、自分が罪深くて弱い者で、この愛に全く相応しくない人間であることを意識していたし、この偉大な愛に応えることができないと思っていたからです。
イエスは彼に安心するように言って、ご自分がおん父から与えられた使命にシモンも参加するように招きました。シモンは喜んでこの招きを受け入れました。なぜかというと、この招きを受け入れるのは、自分が体験したこの偉大な愛を受け入れること、この愛に応えることになると分かったからです。
私たち一人ひとりを愛してくださり、私たちの幸福を求めておられる神は、私たちにも多くの恵み、多くの賜物を与えてくださいます。それは私たちがこれらの恵みや賜物によって幸せになるからではなく、私たちがいつかシモンと同じように、それを通して神の愛を見出し、シモンと同じようにこの愛を受け入れることを求めておられるからです。最終的に、神の愛だけが私たちの心を完全に満たし、愛である神ご自身だけが私たちを完全に幸福にすることができるのです。

信じる者の力である神よ、
尽きることのないいつくしみのうちに
わたしたちを守ってください。
あなたの恵みを唯一の希望とするこの家族が、
いつもあなたの力によって強められますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

2月2日 主の奉献 (ルカ2,22-40)

「シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。『主よ、今こそあなたは、お言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。これは万民のために整えてくださった救いで、異邦人を照らす啓示の光、/あなたの民イスラエルの誉れです。』」ルカ2,28-32

生まれてから40日目に奉献されたイエスは、一生涯、聖霊の導きに従って、父である神の望みに適う人生を送ることによって、それを完全なささげものにし、人類の罪を贖い、神との和解への道を開いてくださいました。

洗礼を受けたときに、神の命を受け、神にささげられた私たちは、イエスに倣って、洗礼の恵みに忠実に生きることによって、つまり、聖霊の導きに従って生きることによって、私たちのすべてを父である神にささげることができますように。そして、父である神とのますます深い交わりに生きることによって、多くの人々を神のもとに導くことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
御ひとり子は人となられ、
きょう神殿にささげられました。
わたしたちも聖霊の光に従い、
罪のやみを捨て、
みずからをあなたにささげることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。