1月6日 降誕節 (マコ1,7-11)

「そのころ、イエスはガリラヤのナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。水の中から上がるとすぐ、天が裂けて“霊”が鳩のようにご自分に降って来るのを、御覧になった。すると、『あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が、天から聞こえた。」マコ1,9-11

自分が神の子であることは、イエスの最も深いアイデンティティになっていましたので、その身分に相応しい生き方、つまり神の心に適う生き方をし、神の愛と神の命を全世界にもたらすことが、イエスにはできたのです。

洗礼を受けた私たちは神の子どもであるわけですので、この身分をますます深く自覚し、神の子どもであるという事実が私たちの最も深いアイデンティティになりますように。そして、父である神の心に適う生き方をすることによって、イエスと同じように神の心に適う神の子になることができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたは、ひとり子の誕生によって
世に新しい光を注いでくださいました。
おとめマリアからお生まれになった救い主に結ばれて、
わたしたちもあなたの国の栄光に
あずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。