1月5日 降誕節 (ヨハ1,43-51)

「フィリポはナタナエルに出会って言った。『わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。』するとナタナエルが、『ナザレから何か良いものが出るだろうか』と言ったので、フィリポは、『来て、見なさい』と言った。」ヨハ1,45-46

メシアがナザレから出るはずがないと思ったナタナエルは、自分の疑問を乗り越えて、行ってみて、イエスと直接に出会ってから、イエスが約束されたメシアであることを知ったのです。

私たちはナタナエルのように、必要に応じて、自分の考え方や期待、さらに生き方まで変える覚悟の、開かれた心を持って、いろいろな出来事においてイエス・キリストと出会い、イエスをますます深く知り、ますます強く愛するようになることによって、イエスと同じ姿に変えられますように祈りましょう。

神よ、光を注ぎ、御子の栄光の輝きで、
信じる民の心を照らしてください。
救い主を信じ、
そのいのちにあずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。