復活節第2水曜日 (ヨハ3,16-21)

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。」ヨハ 3,16

  イエス・キリストを信じるとは、イエスがキリスト、つまり神に遣わされた救い主であると認めることだけではなく、キリストに信頼して、聞き従うことでもあるのです。私たちは、キリストのことを正しく理解することによってではなく、キリストに従うことによってだけ、つまりキリストと共に、キリストのように生きることによってだけ、永遠の命の源である神に近づくことができます。

イエス・キリストを信じる私たちは、自分の弱さや不注意のゆえに倒れても、キリストが示した道から逸れても、何よりも私たちの救いを求めるキリストのいつくしみ深い愛を思い起こし、恐れずにキリストのもとに戻り、和解し、父である神への道を歩み続けることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
わたしたちは年ごとに主の過越を記念し、
復活の希望に満たされます。
信仰をもって祝うこの神秘を、
日々生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

 

コメントを残す