11月19日 年間第33主日A年 (マタ25,14-30)

「1タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。」マタ25,18

「タラントンのたとえ」の中に登場する一人の人が、主人から与えられた使命を果たすことができなかったのは、妬みのせいだったのではないかと思います。確かに、5タラントンや2タラントンを預かった人と比較すれば、この人はたったの1タラントンしか預からなかったと言えますが、1タラントンというのは20年間の収入に当たる非常に大きな金額でした。この人のように他人を妬む人は、持っているものを喜び、それを正しく用いる代わりに、他人が持っているものだけを気にして、自分が持っているものを正しく評価できないために、それを無駄にしてしまったとしても、決して珍しいことではないでしょう。

1タラントンを預かった人が何もしなかったもう一つの理由として考えられるのは、競争心です。1タラントンを持つ人よりも、5タラントンや2タラントンを持つ人の方が有利な立場にありますので、彼らより沢山もうけることは、完全に不可能ではないとしても、非常に難しいことでした。他人に勝たなければならないとか、他人よりもよくできなければならないというような動機だけで動いている人は、成功する可能性が全くないか、非常に低いときに、やる気がなくなって、そのまま何もしないでいるならば、誰かに負けることよりも、大きな損をしてしまうのです。

コルカタの聖テレジア(マザー・テレサ)が言ったように、神が人間に求めておられるのは、成功することではなく誠実をつくすことなのです。大事なのは、人が他人によって評価されている仕事をしているかどうかではなく、やっていることによってどんな人になっているかということなのです。神が私たちの力に応じて、様々な使命を与えてくださっているのは、私たちがこの使命を忠実に果たすことによって、キリストとの愛と信頼の絆を強めるためなのです。なぜなら、私たちは、キリストとの交わりのうちに生ることによってキリストのようになるときだけ、神ご自身という最高の賜物を受け入れることができるからです。

すべてを治められる父よ、
み旨に従って生きる人に、
あなたは神の国の喜びを備えてくださいます。
あなたからいただくすべてのものが、
救いのみわざの完成に役立つものとなりますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す