年間第32金曜日 (ルカ17,26-37)

「自分の命を生かそうと努める者は、それを失い、それを失う者は、かえって保つのである。言っておくが、その夜一つの寝室に二人の男が寝ていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。二人の女が一緒に臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。」ルカ17,33-35

同じところで暮らしても、同じような仕事をしても、人の心の状態や動機によって結果は全く異なります。自分のためにだけ生き、自分のためにだけ働く人は、他の人からも神からも離れて、永遠の孤独と自分の滅びに向かっていますが、自分以外の誰かのために生き、誰かのために働く人は、他の人との繋がりも神との繋がりも深めて、救いに向かって生きているのです。

私たちは、イエス・キリストの模範に励まされて、その教えを信頼することによって、自分のためだけではなく、他の人のためにも生きることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
あなたの支配に逆らう悪の力を滅ぼしてください。
罪から解放されたわたしたちがあなたの国を待ち望み、
正義を行う者となることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す