年間第32水曜日 (ルカ17,11-19)

「イエスは言われた。『清くされたのは十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。』」ルカ17,17-18

私たちのすべての良い体験は、すべての良いものの与え主である神の賜物ですが、イエスに癒していただいても感謝しなかった9人と同じように、多くの人々はこの賜物を頂いても、それを神の賜物として認めず、ただ「運が良かった」とか、「自分がよくやった」などと思ったりするようです。

私たちが頂く良いものが神の賜物であるという事実を認めることによって、この賜物を通して神の愛を知ることができますように。そして、この賜物を神に感謝することによって、神との関わりを深めることができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
わたしたちの信仰、希望、愛を強めてください。
すべてに越えてあなたを愛し、
約束された永遠のいのちを受けることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す