11月14日 年間第32火曜日 (ルカ17,7-10)

「あなたがたも同じことだ。自分に命じられたことをみな果たしたら、『わたしどもは取るに足りない僕です。しなければならないことをしただけです』と言いなさい。」ルカ 17,10

すべてのものの創り主であり、全能で完全な方である神は、人間から何も必要としていません。逆に神は、私たちを生かし、支え、絶えず私たちのために働いてくださっているのです。その意味で、人間が神に仕えるというよりも、神が人間に仕えてくださるということが言えると思います。

私たちは、父である神がご自分の働きによって表してくださる愛に感謝しながら、神の呼びかけに応えて、神の言葉に従って生きることによって、神に対する私たちの愛を表し、自分たちを神にささげることができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたを深く愛する心をお与えください。
すべてにおいてあなたを愛し、
人の思いをはるかに越えたしあわせに
あずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す