4月25日 聖マルコ福音記者 (マコ6,15-20)

「弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることを、それに伴うしるしによってはっきりとお示しになった。」マコ16,20

聖マルコは、イエス・キリストを信じたがゆえに差別や迫害されたり、あるいは財産だけではなく命まで奪われたりした仲間のキリスト者を励まし、力付けるために書き記した福音書の中で、小さい悪をとおしても、イエス・キリストの受難と十字架上の死のような最大の悪をとおしても、働くことができる神の力、また、あらゆる苦しみとあらゆる悪から善を引出すこともできる神の力を示して、この力と愛のためにこそ、神は悪魔や人間から反対されればされるほど、ご自分の救いの計画をますます素晴らしく実現することができることを教えてくださいました。

私たちは、聖マルコの証しと教えを受け入れること、何よりも聖マルコが描いている力強い神の働きを、自分の人生の中で見出すことができますように。そして、神ご自身の愛と力を信頼して、どんな状況においてもイエス・キリストに忠実に従い、与えられた使命を果たすことができますように祈りましょう。

すべての人の救いを望まれる神よ、
あなたは福音宣教のために聖マルコを選び
救いの訪れを書き記す恵みをお与えになりました。
聖人の祝日を祝う私たちが、
福音の光に照らされて、
キリストに忠実に従うことができますように
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す