11月11日 年間第31土曜日 (ルカ16,9-15)

「ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。だから、不正にまみれた富について忠実でなければ、だれがあなたがたに本当に価値あるものを任せるだろうか。」ルカ16,10

命、体、様々な能力をはじめ、持っているすべてのものは、この宇宙万物を創造してくださった神の賜物なのです。人間が与え主の意向に従ってこの賜物を管理するならば、成長して、段々と人生の目的に近づきますが、それをただ自分の欲望を満たすために使うならば、段々と自由を失い、被造物の奴隷になり、結果的には堕落してしまうのです。

私たちに素晴らしい賜物を与えてくださった神に感謝しながら、それを父である神の計画に沿って用いることによって、多くの人々が生かされ、また自分たちも生かされますように祈りましょう。

わたしたちの神である父よ、
心を尽くしてあなたに仕え、
すべての人を愛する恵みをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す