11月2日 死者の日 (ヨハ6,37-40)

「わたしの父の御心は、子を見て信じる者が皆永遠の命を得ることであり、わたしがその人を終わりの日に復活させることだからである。」ヨハ6,40

いつくしみ深い父である神は、すべての人々を愛し、すべての人々の救いを求めておられるがゆえに、御ひとり子をこの世に遣わし、イエス・キリストの死と復活によって、罪の結果である死に打ち勝ち、私たちが神の命にあずかり、神との愛の交わりのうちに永遠に生きる可能性を作ってくださいました。そして、今、この恵みを受けるようにとすべての人を招いておられるのです。

今日、死者の日に当たり、亡くなられた方々が、神のいつくしみを受け、この世に生きている間に犯したすべての罪から清められ、父である神が準備してくださった救いにあずかることができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
復活された御子キリストに従うわたしたちの信仰を強め、
死者の復活を待つわたしたちの希望を不動のものとしてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す