年間第30火曜日 (ルカ13,18-21)

「そこで、イエスは言われた。『神の国は何に似ているか。何にたとえようか。それは、からし種に似ている。人がこれを取って庭に蒔くと、成長して木になり、その枝には空の鳥が巣を作る。』」ルカ13,18-19

武力に基づくこの世の支配しか知らない人にとって、愛に基づく神の支配は、弱く、自分と何の関係もない、無視しやすいものに見えるのでしょうが、多くの場合、武力に基づく悲しみや死をもたらすこの世の支配は、必ず滅びます。しかし、すべての人を生かし、完全な愛と喜びで満たすことのできる神の支配は、永遠に続くのです。

ますます多くの人々が、イエス・キリストの教えと証しを信頼して、父である神の支配を受け入れることによって、神の愛と喜びにあずかって永遠に生きることができますように祈りましょう。

すべてを治められる父よ、
み旨にしたがって生きる人に、
あなたは神の国の喜びを備えてくださいます。
あなたからいただくすべてのものが、
救いのみわざの完成に役立つものとなりますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す