年間第29水曜日 (ルカ12,39-48)

「主は言われた。『主人が召し使いたちの上に立てて、時間どおりに食べ物を分配させることにした忠実で賢い管理人は、いったいだれであろうか。主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。確かに言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。』」ルカ12,42-44

イエス・キリストから与えられた使命や責任を果たすことによって私たちは、周りの人々のために最善の事を行うと同時に、主イエスと共に生き、イエスとの絆を強め、救いの完成に向かって生きています。このような大きな意義のある生活、しかも、喜びと平安に満たされた生活そのものが、キリストに忠実に従う人に与えられる大きな恵みですが、これでも充分ではないと思う人は、まだまだキリストを愛していないということが言えます。この人は、自分の努力によって自分の欲求を満たそうとして、求めている報いを手に入れようとするようになっても当然かもしれません。

私たちは、イエス・キリストをますます強く愛することによって、与えられた使命をますます忠実に果たし、与えられた賜物を他の人々とますます気前よく分かち合い、救いの道を進むことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
わたしたちは、聖霊によってあなたの子どもとしていただきました。
あなたを父と呼ぶわたしたちを、約束された永遠のいのちに導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す