10月18日 聖ルカ福音記者 (ルカ10,1-9)

「主はほかに七十二人を任命し、ご自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。そして、彼らに言われた。『収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ。』」ルカ10,1-3

イエスがご自分よりも先に弟子たちを一人ずつではなく、二人ずつお遣わしになったのは、彼らが言葉によってだけではなく、互いに愛し合うことによっても、つまりイエスの教えに基づいて生きている共同体としても、イエスを証しするためでしょう。

イエスの弟子として、同じ使命を与えられている私たちは、個人としても共同体としても、イエスの望みに従って生きることによって、ますます多くの人がイエスを知るようになり、イエスの教え、イエスの愛と平和とともに、イエスご自身をも受け入れることができますように祈りましょう。

救いの源である神よ、

あなたは、聖ルカが書き記した福音を通して、
貧しい者に対するあなたの愛の神秘を示してくださいました。
キリストを信じる人々が、
心と思いを一つにして愛のあかしとなり、
すべての人があなたの救いを見ることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す