年間第28金曜日 (ルカ12,1-7)

「イエスは、まず弟子たちに話し始められた。『ファリサイ派の人々のパン種に注意しなさい。それは偽善である。』」ルカ12,1

ファリサイ派の人々の一つの大きな問題とは、傲慢でした。彼らは、他の人よりも良く祈り、他の人よりも良く掟を守り、他の人よりもすぐれた人間であると思ったがゆえに、安心して生きていました。けれども、彼らが安心して生きることができたのは、そのような生き方で満足し、それを頼りにしていたことによって、実際には、神から離れていて、滅びに向かっていたことに気が付かなかったためだけなのです。

私たちは、ファリサイ派の人々の間違いを繰り返すことがないように、自分自身の罪や足りないところを認めると同時に、神の愛といつくしみを頼りにすることによって、安心して生きることができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたの恵みは限りなく、
人の思いをはるかに超えて世界の上に注がれます。
わたしたちを罪の重荷から解放し、
まことの自由に導いてください。 
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す