年間第28月曜日 (ルカ11,29-32)

「南の国の女王は、裁きの時、今の時代の者たちと一緒に立ち上がり、彼らを罪に定めるであろう。この女王はソロモンの知恵を聞くために、地の果てから来たからである。ここに、ソロモンにまさるものがある。」ルカ11,31

自分の病気を認めない人、または、自分の病気を認めても、治る可能性を信じず、それを求めない人、それとも、自分の状態にあまり慣れすぎているためとか、それを自分のアイデンティティや誇りにしているために、治りたくない人をどのように癒すことができるのでしょうか。この人の状態は、絶望的に見えるかもしれませんが、すべての人を愛し、一人ひとりのために真の幸せを求めておられるイエス・キリストは、希望を失うことも、この人を諦めることもなく、この人を助けるように常に働いておられるのです。

イエス・キリストの救いの働きによって、ますます多くの人が、自分の魂の病気を認めると同時に、この病気が癒されないかぎり、自分の心の望みに従って、本当に幸せに生きることができないという事実を素直に認めて、体の病気だけではなく魂の病気も癒すことのできる、イエス・キリストにおいて希望を見出し、イエスのもとに来て、癒していただく恵みを受け入れることができますように祈りましょう。

全能の父よ、
あなたはアビラの聖テレジアを聖霊によって導き、
神との一致に達する道を教会に示してくださいました。
聖女の教えを心の糧とし、
聖性へのあこがれに目覚めることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
聖なる父よ、
あなたはキリストによってわたしたちをあがない、
神の子どもとしてくださいます。
あなたの愛を受けた民を顧み、御子を信じる人々に、
まことの自由と永遠の喜びをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す