年間第27木曜日 (ルカ11,5-13)

「卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」ルカ11,12-13

父である神が、私たちに必要で、良いものだけを与えてくださることによって、私たち一人ひとりに対するご自分の愛を表し、私たちが最高の賜物を受け入れることができるように、私たち一人ひとりの心を準備させてくださっています。この最高の賜物というのは、聖霊、つまり神ご自身なのです。

私たちは、いただいている賜物において、神の愛の偉大さを見出すことができますように。そして、神に対する私たちの信頼と愛が段々と強くなり、私たちが神ご自身を受け入れ、また、自分自身を神にささげることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
わたしたちがいつも聖霊の光を求め、
ことばと行いをもって、
み旨を果たすことができるように導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す