年間第27火曜日 (ルカ10,38-42)

「主はお答えになった。『マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。』」ルカ10,41-42

イエスのために働くことが、イエスに対する愛とか、イエスの言葉に対する信頼の表現であるならば、そのような働きは、私たちのイエスとの交わりを深めるものになります。けれども、イエスのために働くつもりであっても、この働きの原動力が、イエスへの愛や信頼ではなく、私たちの野心や欲望であるという恐れがあります。その場合は、働けば働くほどイエスに近づくのではなく、逆にイエスから段々と離れて行くのです。

私たちは毎日、イエスとともに静かな時間を過ごし、イエスの言葉に耳を傾けることによって、イエスのために働く動機を再確認し、必要に応じてそれを正すことができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたを深く愛する心をお与えください。
すべてにおいてあなたを愛し、
人の思いをはるかに越えたしあわせに
あずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す