年間第26土曜日 (ルカ10,17-24)

「そのとき、イエスは聖霊によって喜びにあふれて言われた。『天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。』」ルカ10,21

神についての知識を得るためには、努力して神学を勉強するか、少なくとも聖書を勉強すれば十分でしょうが、神を本当に知るためには、つまり神との生きた関わりを持つためには、イエス・キリストの助け、イエス・キリストの仲介が必要なのです。

私たちが、自分の努力や理解力の限界を認めた上で、イエス・キリストご自身を頼りにして、イエスに心を開き、イエスとの関係を深めることによって、父である神とのますます深い交わりのうちに生きることができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたの恵みは限りなく、
人の思いをはるかに超えて世界の上に注がれます。
わたしたちを罪の重荷から解放し、
まことの自由に導いてください。 
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す