年間第26水曜日 (ルカ9,57-62)

「一行が道を進んで行くと、イエスに対して、『あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります』と言う人がいた。イエスは言われた。『狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。』」ルカ9,57-58

命と愛、また、すべての恵みの源である神以外のものを、自分の幸福の絶対的な条件として考え、それを神よりも大事にすることは、偶像礼拝で、しかもこの人をはじめ、この人と繋がっている人々に、死をもたらす偶像礼拝なのです。

私たちが、神が私たちに与えてくださったイエス・キリストを信じて、イエスを頼りにし、イエスに忠実に従うことによって、父である神に真の礼拝をささげることができますように。そして、自分のためだけではなく、私たちの周りにいる人々のためにも、命と愛、また必要な恵みを、ますます豊かに受け入れることができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたを深く愛する心をお与えください。
すべてにおいてあなたを愛し、
人の思いをはるかに越えたしあわせに
あずかることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す