年間第25金曜日 (ルカ9,18-22)

「イエスが言われた。『それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。』ペトロが答えた。『神からのメシアです。』」ルカ9,20

人類の歴史において、イエスのようにこんなに多くの人々に、こんなに大きな影響を及ぼした人はいないということを、誰でも認めるはずです。2000年の間、どんな時代においても、どんな文化においても、数えきれないほど多くの人々がイエスの教えとその模範に基づいて生き、イエスに従い、イエスに自分の人生をささげました。現代もそうです。ですから、イエス・キリストが誰であるかという問いかけは、特に有意義な人生を送りたいと望んでいる人にとって、どんなことよりも重要であるし、自分がどのように答えるかによって、自分の生き方、自分が目指している目的も、まったく異なるものとなるのです。

ますます多くの人々が、イエス・キリストこそ父である神が遣わしてくださった救い主であり、神の子であるという事実を知るようになり、イエスとイエスの弟子となった多くの人々と共に、創造主である神が定めた人生の完成に向かって歩むことができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは聖ドマス西と十五人の同志を聖霊によって強め、
キリストのあかしとして苛酷な迫害に耐え、
殉教する力をお与えになりました。
聖人たちの殉教を記念するわたしたちに、
信じるために必要な謙虚さと
信じたことを宣言する勇気をお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

 

コメントを残す