年間第25木曜日 (ルカ9,7-9)

「しかし、ヘロデは言った。『ヨハネなら、わたしが首をはねた。いったい、何者だろう。耳に入ってくるこんなうわさの主は。』そして、イエスに会ってみたいと思った。」ルカ9,9

洗礼者ヨハネの言葉を聞きたい、イエスに会ってみたいというようなヘロデの望みは、神の恵み、回心への神の招きでしたが、ヘロデは自分の権力や欲望に執着していて、自分の考え方や生き方を変える覚悟を持っていなかったから、つまり心を閉ざしていたから、この恵みを無駄にしてしまったのです。

イエス・キリストがメシアで、神の子、また真の命への道であると信じている私たちは、いつも開かれた心をもってイエスの言葉を聞き、イエスに従うことによって成長し、イエスの姿に変えられますように祈りましょう。

すべての人の父である神よ、
貧しい人の福祉のため、また司祭の養成のため、
あなたは聖ビンセンチオ・ア・パウロを
使徒の熱意で満たしてくださいました。
わたしたちも同じ熱意をもって
聖人の理想を追求することができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

全能永遠の、神である父よ、
わたしたちの行いが、
いつもみ旨にかなうよう導いてください。
御子キリストのうちにあって、
豊かな実りを結ぶことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す