年間第24火曜日 (ルカ7,11-17)

「イエスは、『若者よ、あなたに言う。起きなさい』と言われた。すると、死人は起き上がってものを言い始めた。イエスは息子をその母親にお返しになった。人々は皆恐れを抱き、神を賛美して、『大預言者が我々の間に現れた』と言い、また、『神はその民を心にかけてくださった』と言った。」ルカ7,14-16

キリストを通して父である神は、すべての人々に体の復活を約束してくださったので、どんな人でも、復活するという確信を持つことができます。従って、肉体的な死よりも霊的な死を、つまり、復活しても神からと同時に愛している人々から、永遠に離れる状態を恐れる必要があるのです。

私たちは、イエス・キリストによって父である神とのますます深い交わりのうちに生き、神が私たちの中で、また私たちを通して、ますます自由に、ますます力強く働き、霊的な死に向かって生きている人に、特に意識的に神から離れ罪に生きている人や、自分に対する神の計画を無視して、何の目的もない人生を送っている人に、そして、いろいろな不幸を体験して、神の愛と力を疑って絶望に陥った人に、ご自分の命を吹き込んでくださるように祈りましょう。

コメントを残す