復活節第2主日(いつくしみの主日) (ヨハ20,19-31)

「神を愛するとは、神の掟を守ることです。神の掟は難しいものではありません。神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それは私たちの信仰です。」1ヨハ5,3-4

  2000年前から、数え切れないほど多くの人々が、復活されて生きておられる主イエスと出会っています。主イエスと出会うことは、神のいつくしみ深い愛と出会うことですので、この出会いはこの人たちの心を変えるのです。イエスとの出会いで心を変えられた人たちは、神の愛を他の人たちに語ろうとします。しかし、この人たちが話す言葉よりも、彼らの生活の仕方、つまり、イエスのような彼らの生き方が、神の愛の力強い証しとなっています。

この人たちの証しを受け入れる人は、イエスの姿を見たことがなくても、イエスの声を聞いたことがなくても、イエスが本当に生きていると信じるようになるし、イエスに信頼し、イエスを愛するようになります。結果的にこの人たちも、イエスが示した生き方を身に付けるようになります。こうして、キリスト教的な共同体が発展し、神の民が成長していくのです。

この共同体は、ただ互いに愛し合って、楽しく生きるために生まれるのではなく、共同体として、イエスが生きておられることを宣べ伝え、神のいつくしみ深い愛を証しするという使命を与えられています。私たちは、生きておられるキリストを中心にして、イエスの教えに従って生きようとすることによって、この使命を果たすことができますように祈りたいと思います。

あわれみ深い神よ、あなたは、
キリストのとうとい血によってわたしたちをあがない、
水と聖霊によって新しいいのちを与えてくださいます。
年ごとに主の復活を祝うわたしたちが洗礼の恵みを深く悟り、
信仰に生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す