年間第19火曜日 (マタ18,1-5.10.12-14)

「そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、言われた。『はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。』」マタ18,2-3

記憶が間違っていない限り、わたしが早く大人になりたかったのは、大人になったら、大人の指示に従う必要がなくなって、自分のことを自分で決めることができると思ったからです。同じように考えている人々は、大勢いらっしゃるのではないかと思います。けれども、イエスが教えているのは、神の国に入るためには、つまり最高の自分になって、最高に幸せになるためには、以上の意味で大人になるのではなく、子どもにならなければならないということなのです。恐らくイエスが仰っている、「子どもになる」というのは、神を自分の父として認めて、神の導きに従うということなのです。

ますます多くの人々が、すべての人の救いを望んでおられる神を自分の父として認め、自分勝手な望みではなく、父である神の意志を表す神の言葉に従って生きることによって、この世に真の平和が訪れて、神の国が完成されますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたの恵みは限りなく、
人の思いをはるかに超えて世界の上に注がれます。
わたしたちを罪の重荷から解放し、
まことの自由に導いてください。 
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す