年間第17土曜日(マタ14,1-12)

「ヘロデは、自分の兄弟フィリポの妻ヘロディアのことでヨハネを捕らえて縛り、牢に入れていた。ヨハネが、『あの女と結婚することは律法で許されていない』とヘロデに言ったからである。ヘロデはヨハネを殺そうと思っていたが、民衆を恐れた。人々がヨハネを預言者と思っていたからである。」マタ14,3-5

神の言葉は真の命への道、永遠の幸せへの道を示すものであるから、それを聞く皆が、感謝と喜びのうちにそれを受け入れるはずです。それにもかかわらず、洗礼者ヨハネの場合、また、イエスご自身の場合にもそうであったように、実際に、神の言葉を聞く多くの人々は、神の言葉によって生かされているのではなく、攻撃されているように感じるようです。そして、自分の破滅に至るものであっても、慣れている自分たちの生き方を守るために、神の言葉を聞かないように、またそれを宣べ伝える人の口を止めるように、自分たちにできることを何でもしようとするのです。

神の言葉を宣べ伝える使命を与えられている私たちは、無視されても反対されても、この使命を全うすることができますように、神に対する信頼と忍耐や勇気の恵みを祈りましょう。

全能永遠の、神である父よ、
わたしたちの行いが、
いつもみ旨にかなうよう導いてください。
御子キリストのうちにあって、
豊かな実りを結ぶことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す