年間第17金曜日 (マタ13,54-58)

「(イエスは)故郷にお帰りになった。会堂で教えておられると、人々は驚いて言った。『この人は、このような知恵と奇跡を行う力をどこから得たのだろう。この人は大工の息子ではないか。』」マタ13,54-55

人間というものは神秘的な存在ですので、私たちは他の人を知り尽くすことができないだけではなく、自分自身を知り尽くすこともできません。ですから、ナザレの人たちがイエスについて何でも知っていると思い込んだように、誰かを完全に知っていると思い込むならば、この人に対して自分の心を閉ざしますし、その人との関係も死んだものになるのです。

私たちの他の人々との関係、特にイエス・キリストとの関係が、絶えず深まりますように、いつも開かれた心を持つこと、つまり、相手についての新しく表された真理を受け入れ、この人について自分の考え方を変えることができますように祈りましょう。

 

 

コメントを残す