年間第17月曜日 (マタ13,31-35)

「イエスはこれらのことをみな、たとえを用いて群衆に語られ、たとえを用いないでは何も語られなかった。それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。『わたしは口を開いてたとえを用い、/天地創造の時から隠されていたことを告げる。』」マタ13,34-35

私たちが体験している現実と、イエス・キリストが現してくださる神の現実とは全く異なっていますので、イエスの教えに基づく神についての私たちの考えや想像を神ご自身と比較すれば、私たちの考えや想像は陰に等しいものになります。しかし、私たちの神についての考えや想像が、取るに足りないものであっても、それに私たちの心の中で神に対する愛を起こし、神を求めさせる力があるならば、陰ではない神の現実そのものは、どれほど素晴らしいことなのでしょうか。

私たちの神についての考えや想像は、いくら素晴らしいものであっても、神そのものではないことをはっきりと意識して、それに執着することなく、私たちの理解力も想像力も超える、無限の神に向かって歩むことができますように祈りましょう。

 

「年間第17月曜日 (マタ13,31-35)」への1件のフィードバック

コメントを残す