年間第15月曜日 (マタ10,34-11,1)

「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。」マタ10,34

   医者が誰かに病気を宣告することによって、この人に不安をもたらすように、イエスも、人々が罪に生きている、つまり神との関係、他の人との関係、さらに自分自身との関係が正しくないという事実を知らせることによって、この地上に不安をもたらします。滅びに向かって生きていても、この事実を知らないだけで、安心して生きている人々の平和をイエスが破壊するのは、この人を愛しておられるからだけではなく、この世の罪を滅ぼす力を持っておられるから、また、この人の心を癒すことによって、あらゆる関係を癒し、永遠に続く、真の平和を与える力をも持っておられるからです。

私たちは、イエスの愛と力を信じて、自分自身の現実、自分自身の問題を、ありのまま認識することができますように。そして、心を開いて、必要な助けを受け入れて、完全に癒されますように祈りましょう。

恵み豊かな父よ、
あなたは聖ベネディクトを選び、
修道生活の偉大な指導者とされました。
わたしたちもすべてに越えて神を愛し、
そのおきてを、惜しみない心で守ることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す