年間第13金曜日 (マタ9,9-13) 

「イエスはこれを聞いて言われた。『医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。「わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない」とはどういう意味か、行って学びなさい。』」マタ9,12

ファリサイ派の人々のように、神が罪人を犯罪人として扱い、厳しい裁判官のように罪人に、定められた罰を与える方であると思う人々は大勢いるようですが、実際に神はイエスが教えてくださったように、罪人を病人として扱い、医者が患者を助けるように、罪を犯した人に必要な助けを与えようとしておられるのです。

罪を犯した人々が、イエス・キリストが現してくださった神のいつくしみ深い愛を知るようになって、安心して神のもとに近づき、罪から解放されて、平和と喜びと愛に満たされた人生を送ることができますように祈りましょう。

コメントを残す