年間第12木曜日 (マタ7,21-29)

「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。」マタ7,21

正しい道、つまり、自分が目指す目的に導く道を知ることは、大事ですが、それだけでは十分ではありません。目指している目的に到達するために、この道を眺めるだけではなく、やはり、現在いるところを離れて、この道を歩まなければならないのです。

私たちは、父である神のもとへ導く道を示してくださるイエス・キリストの教えを実行し、イエスの模範に倣って生きることによって、父である神の「家」に着くことができますに祈りましょう。

いつくしみ深い神よ、
司教聖イレネオは正しい教えを伝え、
教会の一致を守るためにいのちをささげました。
聖人の取り次ぎを求めるわたしたちが信仰と愛に強められ、
平和と一致のために尽くすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

全能永遠の、神である父よ、
わたしたちの行いが、
いつもみ旨にかなうよう導いてください。
御子キリストのうちにあって、
豊かな実りを結ぶことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す