年間第12水曜日 (マタ7,15-20)

「偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。あなたがたは、その実で彼らを見分ける。」マタ7,15-16

   預言者は、未来を予想する人ではなく、人間の生き方を正すように、また、創造主である神が定めた道を示すように、神から預かった言葉を宣べ伝える人なのです。形が違っても、昔と同じように現在も、偽預言者、つまり、人間を真の幸福へと導く本当に正しい道を示す神の言葉ではなく、自分の利益のみを求めて、自分自身の言葉、多くの人に受け入れられやすい言葉、甘い言葉を述べる人が非常に大勢いますので、昔と同じように警戒する必要があるのです。

私たちは、神の言葉そのものであるイエスとの交わりを深めることによって、偽預言者に騙されることなく、いつも正しい道を歩むことによって、多くの人のために、真の幸福に導く道を示す道しるべになることができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたはわたしたちを選び、光の子としてくださいました。
わたしたちが罪のやみに迷うことなく、
いつも真理の光のうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す