年間第9月曜日 (マコ12,1-12)

「農夫たちは話し合った。『これは跡取りだ。さあ、殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』」マコ12,7

ぶどう園の主人が愛していた息子を殺せば、ぶどう園が自分たちのものになると思った農夫たちにとって、息子の殺害は期待したような利益ではなく、かえって自分たちに滅びをもたらすものになったのです。

私たちが、いろいろな誘惑や自分たちの欲望に騙されて過ちや罪を犯してしまったならば、あらゆる善の源であり、この過ちや罪からも善を引き出す力のある神に向かって心を開き、ゆるしと癒しを願うことができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたはわたしたちを選び、光の子としてくださいました。
わたしたちが罪のやみに迷うことなく、
いつも真理の光のうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す