年間第11水曜日 (マタ6,1-6. 16-18)

「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。」マタ6,1

   私たちの周りにいる人たちは、正しいことだけではなく、正しくないことも求めたりしますので、私たちがこの人たちに褒めてもらうこととか、評価してもらうことを目指している限り、愛の行いをすることができないだけではなく、正しくないことをする恐れもあります。ですから、イエスは、人に喜んでもらうためではなく、私たちから正しいこと、最終的には愛のみを求めておられる父である神に、喜んでもらうために行動するように教えてくださるわけです。

私たちは、他の人の評価や批判に左右されることなく、父である神の望みに従って生きることによって、出会う人々のために善を行うことができますように、父である神への信頼を深めていただくように祈りましょう。

すべてを照らしてくださる神よ、
あなたは、暗やみにさまよう人たちがまことの道に立ち帰るように、
真理の光を輝かせてくださいます。
洗礼を受けたすべての人が、信仰に反することを退け、
キリストに従って生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す