年間第11月曜日 (マタ5,38-42)

「わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。」マタ5,39

   復讐する人は悪を止めるのではなく、悪を増やすだけです。悪が悪を生み出すという悪循環を止めるためには、ゆるすことしかありません。加害者をゆるすことは、復讐や他の不正を放棄することですが、それは決して不正や暴力、または他の悪に対して受身的な態度をとることとか、それを許可することではありません。それは、悪を止めるために不正な手段を用いないことを決心し、加害者が悪の道を離れるように、できる限りの善を行う努力をすることなのです。

私たちは、イエス・キリストに倣って、私たちを傷付けたすべての人をゆるすことができますように。そして、「悪に負けることなく、善をもって悪に」(ロマ12,21)打ち勝つことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
あなたはパドアの聖アントニオを選び、
すぐれた説教師、
困難な時の助け手としてくださいました。
わたしたちが聖人の教えと模範に従い、
いつもあなたの支えを見いだすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す