年間第10金曜日 (マタ5,27-32)

「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。」マタ5,27-28

   人間には、他の人の善のために、自分のすべてをささげ、自分自身を犠牲にする権利があります。それこそ最高の愛の実践なのです。しかし、人間には、自分の利益のために他の人を利用したり、犠牲にしたりする権利はありませんし、そのような行いは愛と正反対のもので、他人に害を与えるだけではなく、最終的に本人にも害をもたらすものなのです。

私たちはイエス・キリストに倣って、他の人のために生きることによって人間として成長し、キリストのように完成されますように祈りましょう。

すべてを治められる神よ、
あなたに祈り求める民を顧み、
尽きることのないいつくしみを注いでください。
あなたの似姿に造られた人々が救いの恵みを受け、
新しいいのちのうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す