年間第10月曜日 (マタ5,1-12)

「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。」マタ5,3

創造主である神以外のものに頼る人、つまり、幸せになるために神以外のものがどうしても必要であると思う人が、沢山いるようです。けれども、人間は、神との愛の交わりに生きるために創造された存在ですので、神以外のものには、人間に幸せを与える力がありません。従って、人間は、この事実を認めて、神にすがるようにならない限り決して幸せにはなれないのです。

ますます多くの人々が、自分自身の力の限界とこの世の物事の限界を認めて、神のもとに集い、神の望みに従って生きることができますように祈りましょう。

すべての人の父である神よ、
あなたは、異邦人の回心のために、
聖霊と信仰に満たされた聖バルナバをお選びになりました。
使徒の熱意と模範にならい、わたしたちも、キリストの福音を
ことばと行いを通して宣べ伝えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
いつくしみ深い父よ、
あなたはわたしたちを選び、
光の子としてくださいました。
わたしたちが罪のやみに迷うことなく、
いつも真理の光のうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す