6月10日 教会の母聖マリア (ヨハ19,25-34)

「イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、『婦人よ、御覧なさい。あなたの子です』と言われた。それから弟子に言われた。『見なさい。あなたの母です。』そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。」ヨハ 19:26-27

私たちは、自分のお母さんを選ぶことができませんが、御ひとり子は、人間になる前にご自分のお母さんとしてマリアをお選ばびになりました。マリアは、その使命を完全に果たしたからこそ、イエスは、マリアのもとで、成長し、完全な人間になられたのです。

イエス・キリストは、ご自分のためだけではなく、ご自分のからだである教会のため、つまり、この教会であるキリスト者一人ひとりのためにもマリアをお母さんとしてお選びになったのですから、私たちには、産みのお母さん以外に、もう一人お母さんがいることを常に意識し、マリアに守られながら、マリアの模範と導きに従って生きることによって、神の愛の内に成長して、完全な愛の交わりにたどり着くことができますように祈りましょう。

あわれみ深い父である神よ、
十字架につけられた御ひとり子は、
ご自分の母であるおとめ聖マリアを、
わたしたちの母として与えてくださいました。
マリアの愛に助けられ、あなたの教会が、
日々、信じる人々の誕生と成長を喜び、
母としてすべての民の家族を迎え入れることができますように。
聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。