復活節第7月曜日 (ヨハ16,29-33)

「だが、あなたがたが散らされて自分の家に帰ってしまい、わたしをひとりきりにする時が来る。いや、既に来ている。しかし、わたしはひとりではない。父が、共にいてくださるからだ。これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」ヨハ16,32-33

   私たちは、多くの場合、神の御臨在を感じなくなるときや、思い通りにならないときや苦しい目に逢うときに、神に見捨てられているとか、神に忘れられているとか、神が私たちを助けてくださらないなどのように感じて、不安になりがちなのではないかと思います。そして、そうなると神の導きに忠実に従うことができなくなるのです。イエスは、どんなときでも、父である神が一緒にいてくださり、必ず助けてくださると確信していたからこそ、与えられた使命を完全に果たすことができたのです。

私たちは、いつも一緒にいてくださると約束してくださったイエスに信頼して、どんな状態においても、イエスを頼りにして、イエスの勝利にあずかることができますように祈りましょう。

   
聖なる父よ、 
聖マルチェリノとペトロの殉教を記念するわたしたちが、 
その模範と祈りに支えられ、 
力強く信仰に生きることができますように。 
聖霊の交わりの中で、 
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、 
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
聖なる父よ、
聖霊をわたしたちの上に注いでください。
日々の生活の中で、
いつもみ旨を行うことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す