年間第6水曜日 (マコ8,22-26)

「イエスは盲人の手を取って、村の外に連れ出し、その目に唾をつけ、両手をその人の上に置いて、『何か見えるか』とお尋ねになった。すると、盲人は見えるようになって、言った。『人が見えます。木のようですが、歩いているのが分かります。』そこで、イエスがもう一度両手をその目に当てられると、よく見えてきていやされ、何でもはっきり見えるようになった。」マコ8,23-25

イエス・キリストが、盲人が完全に見えるようになるまでに、彼と共にいて、忍耐強く彼を癒すために働き続けたように、イエスの力のある働きを見ても知恵の言葉を聞いても、部分的にしか分からなかった弟子たちと、イエスはいつも共にいて、忍耐強く教え続けたのです。

忍耐強く私たちを導いてくださる主イエスに信頼して、イエスと共にエルサレムまで行ってイエスの死と復活を体験し、イエスのことを分かるようになった弟子たちの模範に励まされて、私たちもこの弟子たちと同じように、イエスのことを部分的にしか理解できなくても、イエスに従うことによって、この理解が少しずつ深まり、イエスに対する私たちの愛が完成されますように祈りましょう。

すべてを照らしてくださる神よ、
あなたは、暗やみにさまよう人たちがまことの道に立ち帰るように、
真理の光を輝かせてくださいます。
洗礼を受けたすべての人が、信仰に反することを退け、
キリストに従って生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。